日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 『ケンカツ』吉岡里帆の安請け合い

『健康で文化的な最低限度の生活』視聴率急落! 吉岡里帆の安請け合いのせいで、生活保護受給者が不良化!?

フジテレビ系『健康で文化的な最低限度の生活』番組公式サイトより

 吉岡里帆が新人ケースワーカー役を演じるドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』(フジテレビ系)の第2話が24日に放送され、平均視聴率5.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。前回から2.1ポイントダウンとなってしまいました。

(前回までのレビューはこちらから)

 今回、義経えみる(吉岡)が訪問した生活保護受給者は、母子家庭の日下部家。寝たきりの父親を介護する母・聡美(江口のりこ)、バンド活動をする高校生の息子・欣也(吉村界人)、中学生の娘・リナ(瑞城さくら)の様子を見たえみるは、受給に関して特に何も問題はないと判断します。

 しかし、昨年度の課税調査の結果、欣也の寿司屋でのバイト収入分が未申告だったことが判明。つまり、その分は生活保護の不正受給とみなされ、29万円のバイト代をすべて徴収しなければならないというわけなのです。

 えみるが確認したところ、どうやら欣也のバイトに関しては、聡美も把握してなかった様子。ただでさえカツカツの生活のため、29万円などとても払えず、高校生のバイト代を申告しなければいけないことを“知らなかった”で押し通して見逃してくれないかと懇願してきます。

 これに対してえみるは、悪質な申告漏れでなければ徴収は免除される、という条文が生活保護法に書いてあったような気がしたため、「どうにかなるかもしれません」と安請け合いをして、聡美を安心させてしまいます。

 ところが、区役所に帰り、上司の京極大輝(田中圭)に確認したところ、平成24年以降、高校生のバイト代もきっちり税申告しなければ、生活保護の不正受給とみなされるようになったことを教えられ、ショックを受けます。自分の軽はずみな一言で、聡美をぬか喜びさせてしまった……。しかしえみるは、京極からさらに頭の痛くなることを告げられます。それは、欣也が今もバイトを続けているのではないか、ということです。

 慌てて寿司屋に足を運ぶえみるですが、案の定、そこで欣也の姿を発見。欣也は昨年度と同じペースで勤務を続けているため、徴収額は60万円にも及ぶことが判明します。

 その話と自身の安易な一言を詫びるため、えみるは意を決して日下部家へ。しかし、徴収は全額免除されるものだとすっかり信じ切っていた聡美と欣也には、それがなくなるどころか倍になるという話は寝耳に水。驚き、逆ギレするのですが、バイト代を音楽に注ぎ込んでいた欣也の怒りは特に凄まじく、ギターを床に叩きつけて壊し、「バカで貧乏な人間は夢見るなってことかよ!」と激高。収拾がつかない状況になったところで、今回は終了となりました。


12

『健康で文化的な最低限度の生活』視聴率急落! 吉岡里帆の安請け合いのせいで、生活保護受給者が不良化!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

新型コロナ第2波で芸能界も大混乱

新型コロナ第2波で芸能人も続々と感染…
写真
人気連載

安倍首相、東京五輪決行の動機

今週の注目記事・第1位「三浦春馬の絶望」(『...…
写真
インタビュー

9太郎が提唱! アイドル炎上回避ガイド

 新型コロナウイルス感染拡大に伴い、「自粛」の名の下にエンタメ界ではコンサートやイベ...
写真