日刊サイゾー トップ > 芸能  > 黒柳徹子の照英情報が誰よりも正確

照英の“やり投げ”について言及した黒柳徹子、共演者から「間違えてる」ことにされてしまう

黒柳徹子 公式インスタグラム(@tetsukokuroyanagi)より

 7月25日放送の『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)に黒柳徹子が出演。俳優・照英について言及する場面があったのだが、彼女のマニアックすぎる知識に共演者はついていけなかったようだ。

 番組では『日立 世界ふしぎ発見!』(TBS系)について取り上げられ、黒柳が収録後も録画を見ながら再度クイズに挑戦しているというエピソードを告白。徳井義実が「弱いクイズがあるんですよね?」と質問し、彼女は「3択はね……今まで3択っていうのがない時はパーフェクトが多かったんです」「だけど3択の中から選べってことになると、外しちゃう」と語った。

 そこで苦手意識を持っている3択問題に挑戦することになり、徳井が「徳井の相方は誰?」という問題を出題。選択肢は「A・岩尾望」「B・福田充徳」「C・照英」の3つで、黒柳は正解の「B・福田充徳」ではなく「A・岩尾望」を選んでしまう。すると後藤輝基が「C(照英)はわかりますか?」と聞いて、これに彼女は「槍持って走る人でしょ?」と回答した。

「その後も黒柳は照英について、『役者だけど槍投げてる』と言及。しかし共演者からは『あ~! 似てる! 室伏さん(室伏広治)に!』との声が上がり、なぜか照英と室伏を勘違いしているという流れに。徳井も『もし照英さんが投げてなかったら早急に投げてください』と言って、暗に黒柳をイジり笑いを取っています。しかしこの件に関しては黒柳が正解で、照英は学生時代にやり投げをやっており国体にも出場していました。今年7月も自身のブログに『22年ぶりのやり投げ』という記事を掲載。これによると、自己ベストは73m90cmとのことです」(芸能ライター)

 ちなみに照英と室伏は高校時代からの知り合いで、照英はとある陸上大会でやり投げ未経験の室伏に負けてしまったのだとか。そんな照英の“やり投げ”について知っていた黒柳に、視聴者からは「黒柳さんさすがすぎる」「これだけ芸能人が出演してて黒柳さんしか照英の“やり投げ”を知らないの?」「完全に黒柳さんだけが間違ってるみたいになってるし、これは編集スタッフも知らなそう」といった声が上がっていた。

「昨年放送された『徹子の部屋』(テレビ朝日系)で、司会についての極意を聞かれた黒柳は『知ったかぶりみたいなことをしない』と答えていました。今回はゲストという立ち位置でしたが、彼女が知りもしないで“照英はやり投げをしている”と言うことはほぼ無いでしょう。共演者がそんな黒柳のスタンスを汲み取れていれば良かったのすが……」(同)

 知らないものは“知らない”、知っているものは“知っている”とはっきり区別している黒柳。彼女が長年司会を務めている『徹子の部屋』では、今後も様々な芸能人の“本音”を聞くことができそうだ。

最終更新:2018/07/26 16:30
こんな記事も読まれています

照英の“やり投げ”について言及した黒柳徹子、共演者から「間違えてる」ことにされてしまうのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

錦戸亮の電撃退所でジャニタレ大量離脱危機!

かねてから退所がウワサされていた錦戸。中居、長瀬がこれに続く!?
写真
人気連載

本場フィンランドの新しいサウナ道

かつてないサウナブームの中、サウナ道こと“サ...…
写真
インタビュー

若手コント師、かが屋の真実

お笑い第7世代と呼ばれる芸人の中で、最も「新しい」と呼ばれる2人、マセキ芸能社所属・...
写真