日刊サイゾー トップ > スポーツ > サッカー  > サッカー森保代表監督は「扱いにくい」!?

森保一・サッカー日本代表監督は「地味すぎ」!? ……大手メディアで「扱いにくい」の声が続出

日本サッカー協会インスタグラム(@japanfootballassociation)より

 日本サッカー協会は7月26日、サッカー日本代表新監督に森保一氏が就任することを発表した。2020年の東京オリンピックに出場する21歳以下の日本代表監督と兼任することとなる。

 現役時代は、主にサンフレッチェ広島でボランチとして活躍。ハンス・オフト監督時代の日本代表でも主力としてプレーした森保監督。現役引退後は指導者となり、12年から17年まで広島の監督を務め、3度のリーグ優勝を飾っている。

 17年から五輪代表の監督に就任。西野朗監督が率いたロシアW杯の日本代表チームではコーチを務めていた。

「選手としても指導者としても、実績は十分。西野監督が結果を残したことから、日本人監督を求める声が高かったこともあり、東京五輪とその後を見据えた計画的な強化という意味では、森保監督の兼任という形は、ある意味当然の選択だったといえるでしょう」(スポーツライター)

 しかし、森保監督就任に物足りなさを感じるメディア関係者も少なくないという。週刊誌記者はこう話す。

「Jリーグは地元密着で根強い人気となっているものの、大手メディアで取り上げられるのは、海外で活躍する日本人スター選手、メッシやクリスティアーノ・ロナウドなどの世界的スター選手ばかり。そういう意味では、森保監督は知名度があまりにも低すぎて、メディアでは扱いにくいんです。イケメンの大物監督がやってきてくれれば、テレビ番組なんかでも盛り上げてくれたと思いますが……。週刊誌的にも、それこそかつての“ベッカムフィーバー”みたいなことになってくれれば、ネタになってくれたんですがね」

 事前情報では、元ドイツ代表FWで、引退後はドイツ代表やアメリカ代表の監督としてW杯に出場したユルゲン・クリンスマン氏の日本代表監督就任が確実だとの報道もあった。

「メディアとしては、クリンスマンのような世界的知名度の高い大物監督に就任して欲しいという希望的観測もあったのでしょう。これまで日本代表は何度も大物監督に交渉を持ちかけるも、ことごとく逃げられているので、今度こそはという期待も大きかったはずです」(同)

 また、大物監督が就任することは、チーム強化においても効果が見込める。

「世界的に有名な大物監督であれば、その監督の力で、強豪国とのテストマッチが組めますからね。仮にクリンスマンが監督であれば、ドイツ代表とのテストマッチが組みやすくなっていたことは間違いない。しかも、2020年の東京五輪については開催国で予選は免除。予選がない分、試合数が少ないので、多くのテストマッチを組まなければならない。もしもA代表に大物外国人監督がいれば、その力で五輪代表のテストマッチを組むこともできたはずですからね。森保監督が五輪代表の監督を継続するのは問題ないとしても、せめてA代表の監督にはビッグネームが欲しかったといったところです」(同)

 史上稀に見る地味なチームとなりそうな「森保ジャパン」。東京五輪、そして4年後のW杯カタール大会では、地味ながらも結果を出してくれればいいのだが……。

最終更新:2018/07/30 19:30
こんな記事も読まれています

森保一・サッカー日本代表監督は「地味すぎ」!? ……大手メディアで「扱いにくい」の声が続出のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

超絶ストイックな『クマ撃ちの女』

 毎年この時期になると、たびたび報じられる「...…
写真
インタビュー

“新世代の三谷幸喜”上田監督が語る

「面白い!」「完全に騙された!」「感動した!」と映画ファンの間で噂を呼んでいるのが、...
写真