日刊サイゾー トップ > 芸能  > 『チアダン』視聴率“ビリ争い”濃厚

土屋太鳳主演『チア☆ダン』視聴率急降下で、7月期“ビリ争い”濃厚「太ももナシでは……」

TBS系『チア☆ダン』公式インスタグラム(@cheerdan_tbs)より

 土屋太鳳主演の連続ドラマ『チア☆ダン』(TBS系)第3話が7月27日に放送され、視聴率は6.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と低調だった。初回は8.5%、第2話は8.6%で、ここにきて大きく下げてしまった。

 同ドラマは、2009年に福井県立福井商業高校チアリーダー部「JETS」が全米チアダンス選手権大会で優勝した実話をもとにした作品。昨年3月に、広瀬すず主演で公開された映画『チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』から9年後の設定で、“続編”との位置付け。その広瀬も、今ドラマに「JETS」のコーチ役で特別出演している。

 第3話では、メンバー8人がそろい、部として認められた福井西高校のチアダンス部「ROCKETS」が、チアダンス福井大会で初の試合に臨むも、ミスが続き目標とする「JETS」に大惨敗。現実の厳しさを知った「ROCKETS」の面々が、顧問に駆り出された太郎先生(オダギリジョー)に激励を受ける……という展開だった。

「物語自体は悪くはないと思いますが、青春学園ドラマとなると、どうしても中高年層に訴えるのはなかなか厳しい。そんな中、高校のチアダンス部が舞台とあって、男性視聴者が期待していたのは、やはりミニスカ制服だったり、コスチューム着用時のたわわな太ももや、ダンス時のパンチラだったりするわけです。しかし、スカート丈は長く、太ももがアップになる描写もありません。練習時はジャージ着用で、試合のときは引き目の映像となり、下半身がアップになるようなことはありませんでした。土屋をはじめ、E-girls・石井杏奈、朝比奈彩、佐久間由衣、山本舞香といった、それなりのメンバーがそろっているのに、生かされていません。若年層しか見ないとなると、高い数字を取るのは難しいでしょう」(テレビ誌関係者)

 第3話にして、視聴率が急降下したことで、今後険しい道のりが待ち受けていそうな『チア☆ダン』。この先、巻き返しが図れないようなら、同様に低調な、吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』(フジテレビ系)、NEWS・加藤シゲアキ主演『ゼロ 一獲千金ゲーム』(日本テレビ系)と、7月期のプライム帯の民放連ドラで、“ビリ争い”をすることになりそうだ。

(文=田中七男)

最終更新:2018/08/01 12:00
こんな記事も読まれています

土屋太鳳主演『チア☆ダン』視聴率急降下で、7月期“ビリ争い”濃厚「太ももナシでは……」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

小泉進次郎、デキ婚で失意の声も

今週の注目記事・第1位「進次郎裏切り<全真相>...…
写真
インタビュー

謎の集団「ケケノコ族」を直撃

 1980年代に原宿の歩行者天国で一世を風靡した「竹の子族」からインスパイアされ、...
写真