日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 『義母と娘』いい夫・竹野内豊にキュン!

『義母と娘のブルース』綾瀬はるかと竹野内豊の秘密に「泣ける」「せつない」の声殺到、竹野内へ再評価の兆しが

■竹野内豊のハニカミに悶え死ぬ女性続出!

 今回一番多かった声は、父親役の竹野内豊が「マジでカッコいい!」というもの。

 いつもなら大きくなったみゆきを演じる上白石萌歌がナレーションも担当しているのですが、今回は竹野内豊が担当。これが「優しい声でいい!」「なんか新鮮!」と女性層を中心に大評判。また、視聴者はいいパパ・夫像に竹野内がバッチリハマっていると思ったようで、「こういう夫が欲しい!」「竹野内豊の優しい声と話し方と雰囲気がたまらない」「竹野内豊のハニカミ笑顔と声が好きだ」と絶賛の声が上がっていました。

 筆者的には、デートの帰りに亜希子と手をつなぎ、ニヤニヤしながら語り合うんですが、その際「見てたくなっちゃうんですよね~。この人この後どうするのかな~って」の「かな~って」部分で少し声が裏返るところにキュン。かっこいいというよりはかわいいという印象を受けました。

『ビーチボーイズ』(フジテレビ系、1997)のイメージが強く、今回のいいお父さん役は合わないのではないかとの声があがっていたのですが、女性(特に主婦層)をメロメロにする優しい夫ぶりでその心配を払拭。ネットでは再評価の声が続々とあがっており、今後はどんな役を演じるのか期待したいところです。

 次回予告で死亡フラグがたっており、もうすぐ登場しなくなると思うと本当に寂しい……。そこだけが残念でなりません。

■ちょい出でも注目される佐藤健と浅利陽介!

 今回は竹野内への感想が多かったのですが、脇を固める佐藤健と浅利陽介にも賞賛の声が。

 浅利に関しては、亜希子が会社を辞めて元部下になったため、もう出てこないのかと視聴者はガッカリしていたのですが、その後もちょいちょい出てきては、亜希子に片思いしている姿をコミカルに演じており、登場するたびに「でてきた~~~!」「今週も浅利くん見れてよかった」との声が上がり、着々とファンを増やしているようです。

 また、佐藤に関しては、ドラマ後半部分で重要となる役ですが、1話から登場。これまで、いい人役や知的な役が多かったのですが、同ドラマでは、ヤンキー上がりのバカなフリーター役。今までとは違った役柄ですが、佐藤はこれを上手に演じており「佐藤健の雰囲気を消してていい!」と評価されているよう。また、ネットでは「佐藤をもっと出して」との声が上がっており、メインどころになるのを今か今かと待っている状態。多分、竹野内が死んで、その穴を埋める形でメインとなるのでしょうが、それはそれで悲しいとの声が上がりそう……。一体どうなるのか、今後も目が離せません。

 以上4話のレビューでした。

 次回は今回並みに涙腺が崩壊する予感が! ティッシュを持参して放送を見ることをオススメします。ではでは、放送を楽しみに待ちましょう!

(どらまっ子KOROちゃん)

最終更新:2018/08/01 22:00
12

『義母と娘のブルース』綾瀬はるかと竹野内豊の秘密に「泣ける」「せつない」の声殺到、竹野内へ再評価の兆しがのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

川口春奈抜擢は不幸中の幸い?

  新型コロナウイルスの影響でNHK大河ドラ...…
写真
インタビュー

下ネタ大好きでも不潔なネタは嫌い…キングオブコント最下位でもオファー殺到の『空気階段』による“コントの作り方”

 今年、多くのテレビ番組に出演し、『キングオブコント』でも決勝へと駒を進めた空気階段...
写真