日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > 女優の花道  > 朝ドラ常連女優が艶技で新境地
ドラマ評論家・成馬零一の「女優の花道」

TBS『このせか』に対抗!? 朝ドラ常連女優・徳永えりが艶技で新境地

フラーム公式サイトより

 夏クールの連続ドラマには、NHK朝ドラで主演、あるいは脇で注目された女優が多数出演している。それだけ、朝ドラが若手女優の登竜門となっているということなのだろう。『この世界の片隅に』(TBS系)に至っては、出演俳優のほとんどを朝ドラ出身女優と俳優で固めている。まさに“石を投げれば朝ドラ女優に当たる”という状態なのだが、木曜深夜に放送されている『恋のツキ』(テレビ東京系)の徳永えりもその一人である。しかし本作は、最も朝ドラから遠い作品だ。

「モーニング・ツー」(講談社)で連載中の新田章の漫画が原作で、主人公は映画館で働く31歳のフリーター・平ワコ(徳永)。同棲中の恋人・青井ふうた(渡辺大和・黒猫チェルシー)と、このまま結婚するのかなぁと思っていたワコだが、ある日、映画館で男子高校生の伊古ユメアキ(神尾楓珠)と知り合う。

 テレビドラマの恋愛描写は会話劇に偏りがちで、性的な場面が描かれることは少ないのだが、本作は奮闘している。

 冒頭でワコは、ふうたから「してよ」と言われ、口淫を始める。第2話でもワコはユメアキに口淫するのだが、どちらもカメラアングルを工夫することで、なんとか深夜ドラマで放送できるものとなっている。

 ワコのモノローグでは「本当は毎晩、めちゃめちゃにイカされたいけど、そしたら朝起きるのが大変だから、早いふうくんは助かる」「今日もふうくんは薄かった」「この匂い落ち着く」という本音が吐露される。そして、「このままずっと一緒でいいんだよね」「もうすぐ32だし」と続くのだが、同棲している2人の性生活を隠さずに描いたことで、ドラマのリアリティが、グッと深まった。仕事に行く前にワコがメイクをする姿や、薄着に短パンで料理する姿もやけに生々しくて、生活感がある。

 ふうたとの生活を大事だと思う一方で、ユメアキとの出会いに胸を焦がすワコ。忘れ物をきっかけに連絡先を交換することに成功し、デートしようとしたり、ユメアキのことを思って自慰をする場面もある。その後、酔っ払って帰ってきたふうたに求められ、欲情したふりをして、ユメアキのことを思いながらセックスする――。

 こういう一つ一つの場面が、ワコという女性の輪郭を作っていて、それなりに純情でそれなりにエロい31歳の女性という人間像が見えてくる。画面がビスタサイズのためか、(それこそ、ワコのバイト先のような)単館系の映画館で上映されている映画のようだ。


12
こんな記事も読まれています

TBS『このせか』に対抗!? 朝ドラ常連女優・徳永えりが艶技で新境地のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

石田ゆり子、本当は気が強い!?

「奇跡の50歳」といわれる若さと美貌で大人気...…
写真
インタビュー

阿佐ヶ谷姉妹インタビュー

 人情味あふれる町・阿佐ヶ谷の6畳一間のアパートで、本物の姉妹でない2人の40代女性...
写真