日刊サイゾー トップ > 芸能  > 吉岡里帆に心配される“病”って?

吉岡里帆に心配される、まゆゆ&川口春奈が陥った“病”

『健康で文化的な最低限度の生活』公式インスタグラム(@kenkatsu_ktv)より

 入浴シーン時に視聴率が上がる『水戸黄門』(TBS系)の由美かおる……というわけにはいかなったようだ。

 7月31日放送の吉岡里帆主演ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』(フジテレビ系)にて、吉岡の入浴シーンが放送されるも、平均視聴率は5.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と、第2話の5.5%から微増に留まった。

“サービスカット”が不発に終わったことで、吉岡には厳しい現実が待っていそうだという。テレビ誌ライターが言う。

「今回の入浴シーンはお湯が白く濁っていて、首から上しか見えていない。正直、艶っぽくもなんともなかった。もしこれが制作サイドの“奥の手”なら、この先劇的な視聴率回復は見込めなさそう。逆に4%台まで落ち込めば打ち切りが検討されるでしょうし、3%台となれば、しばらく主演でキャスティングされることはなくなるでしょうね」

 フジテレビ系ドラマでは、オタギリジョーの『家族のうた』が平均視聴率3.8%、稲森いずみ&渡辺麻友の『戦う!書店ガール』は同4.7%で、いずれも打ち切りの憂き目にあっている。

「オダギリはドラマが爆死して以降、主演を任されなくなりました。また、渡辺は、8月4日スタートの『いつかこの雨がやむ日まで』(同)で主演しますが、インタビューでは『私は主演の器ではない』とすっかり“主演恐怖症”にかかっており、過去の爆死体験がトラウマになっているようです。歴代1位の低視聴率ドラマ『夫のカノジョ』(TBS系)で主演した川口春奈は当時、事務所から『ネット閲覧禁止令』が出ていましたが、本人は後に『視聴率恐怖症』に陥っていたことを告白しています。今後、さらに『ケンカツ』の視聴率が下降すれば、吉岡は女優生命の危機だけでなくメンタルのほうも心配です」(週刊誌記者)

 吉岡が、まゆゆや川口と同じ“病”にかからないことを祈るばかりだ。

最終更新:2018/08/06 12:00
こんな記事も読まれています

吉岡里帆に心配される、まゆゆ&川口春奈が陥った“病”のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

ジャニー喜多川氏逝去で、ジャニーズ事務所はどうなる⁉

ジャニーさん死去でジャニーズ事務所がいよいよヤバい!?
写真
人気連載

高良健吾主演のR18作

 初恋の相手にもう一度逢ってみたい、そう思う...…
写真
インタビュー

足立正生が語る、若松孝二(後編)

【前編はこちらから】  インディーズ映画界の巨匠・若松孝二監督と「若松プロ」に集まっ...…
写真