日刊サイゾー トップ > 芸能  > 『呪怨』の清水監督は怖がりだった?

ジャパニーズホラーの第一人者、『呪怨』の清水崇監督は怖がりだった!? 衝撃のエピソードにツッコミの声続出

鳥居みゆき 公式Instagram(@toriimiyukitorii)より

 8月8日放送の『ナカイの窓』(日本テレビ系)に、映画監督の清水崇が出演。幼少期の意外なエピソードを明かし、「なんで『呪怨』作ったの!?」「どの口が言うんだ!」と話題になっている。

 同日の放送は「ナカイの窓×ホラー」と題して、廃病院スタジオで人を怖がらせるプロと円卓トークが行われた。ジャパニーズホラーの第一人者と呼ばれる清水監督は、映画『呪怨』製作の裏話を披露。幽霊をハッキリ見せるという画期的な演出を生み出したが、製作当時「これは笑われると思っていた」という。また、同作で印象的な唸り声は自分の声だというエピソードや撮影テクニックを公開していた。

「番組内で清水監督は、『元々怖がりだった』と告白。また、中学生の頃はホラー映画を見ながら『なんでわざわざこんなの見るの? 作ってる大人もおかしい』と思っていたそうです。このエピソードに、視聴者からは『怖いの苦手だったんだ。意外…』『怖がりとか絶対ウソでしょ!』『自分もおかしな大人になっちゃってるじゃん!』といったツッコミの声が続出。もちろん現在は怖がりを卒業しており、清水監督はホラー映画を撮るようになったキッカケを『だんだんホラー映画の楽しみ方を覚えて、いつの間にか撮る側になっていた』と語っています」(芸能ライター)

 以前「Movie Walker」のインタビューでも、清水監督は幼少期の怖がりエピソードを明かしている。清水監督の“怖がり”は、ホラー映画作りの根幹になっているようだ。

「幼少期の清水監督は、押し入れや階段の踊り場だけでなく木が揺れるのさえも怖がっていたそう。ホラー映画を撮るようになった現在も『その時の感覚を覚えている』という清水監督は、怖がりだったからこそ怖い作品が作れるのかもしれません。清水少年は『E.T.』を怖い映画だと思っていたそうですが、意を決して観に行ったところ感銘を受けて映画監督を志すようになったといいます。2003年公開の『呪怨』でヒットを飛ばしてホラー映画の旗手になった清水監督は、2004年に同作を自身の手でリメイクしてハリウッドへ進出。『THE JUON/呪怨』は日本人監督の実写化作品として、初めて全米興行成績No.1になった映画です」(同)

 怖がりが転じて、全米1位に輝く作品を作り出した清水監督。ホラー映画だけでなく恋愛ドラマの監督も務めるなど活躍の場を広げているが、次はどんな作品で驚かせてくれるのだろうか。

最終更新:2018/08/09 17:30
こんな記事も読まれています

ジャパニーズホラーの第一人者、『呪怨』の清水崇監督は怖がりだった!? 衝撃のエピソードにツッコミの声続出のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

超絶ストイックな『クマ撃ちの女』

 毎年この時期になると、たびたび報じられる「...…
写真
インタビュー

5lack×前野健太”異色”対談

 ラッパーの5lackが、オリジナルアルバム『KESHIKI』をリリースした。前...
写真