日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 『高嶺の花』殺人未遂の急展開に失笑!

『高嶺の花』恋愛ドラマが一転……元婚約者・三浦貴大が殺人未遂を起こす急展開に失笑の嵐!

『高嶺の花』公式ホームページより

 

 石原さとみ主演ドラマ『高嶺の花』(日本テレビ系)の第5話が8月8日に放送され、平均視聴率は8.2%(ビデオリサーチ調べ、関東平均)を記録。前回から1ポイント減となりました。

 ラブシーンの連発のおかげなのか、前回一時上昇した視聴率ですが、今回はまた激減。今後初回のような二ケタを記録することができるのでしょうか?

 ではでは、今回もあらすじから振り返っていきましょう。

(これまでのレビューはこちらから)

■ももと直人、交際に発展も……

 一夜を共にし、交際へと発展したもも(石原)と直人(峯田和伸)。すぐさま、ももの家族に会いに行った直人だったが、市松(小日向文世)の「月島家へ養子に入ってもらえるのか?」との質問に「それはできない。自分は自転車屋を閉める気はない」と答える。怒る市松に、ももも「この家を出て行く。家元になるつもりはない」と告げたところ、結婚を反対され、破門をほのめかされてしまう。

 そんな中、吉池(三浦貴大)が市松を殴りケガを負わせる事件を起こす。それを知り、病院に駆けつけたももは、市松からももの母親の遺言で「ももを家元にして欲しい」と言われたことを話し、それを聞いたももは涙を流し次期家元候補に立候補することを決意する。

 一方、直人はももに結婚指輪を渡し、ついに2人は結婚へと踏み切るのだった、というのが今回のストーリーでした。

■殺人未遂事件発生の急展開に失笑の嵐

 これまで「内容がダラダラしていてつまらない」と言われていた同ドラマですが、今回、突如、急展開を迎えます。

 5話前半は直人とももの交際と次期家元争いの話だけだったんですが、後半、急に吉池が市松の元に現れ桶で殴り、大ケガを負わせるサスペンスドラマへと変貌。これに視聴者は驚いた様子で、「え? え?(笑)」「ぎゃあああ! 殺人未遂!!」「え、なにこれ急展開(笑)」「なんかもうヤバイこのドラマ(笑)」「ぐちゃぐちゃすぎっ!」「ぶっこみすぎ!」といった声が殺到し、恋愛ドラマとしてみていた人たちはこの急展開に戸惑いを隠せなかったようです。

 まあ、でもこのような急展開は野島ワールドには欠かせない要素なので、いい意味で野島作品らしさが出てきたなと筆者は感じました。それよりも、このあとの場面の変わりすぎにびっくり。入院シーンによくわからないおっさんと中学生のシーンなど、あまりにも場面がコロコロ変わりすぎて、内容が頭に入ってこず……。ここはもう少しスッキリさせてほしかったです。


12
こんな記事も読まれています

『高嶺の花』恋愛ドラマが一転……元婚約者・三浦貴大が殺人未遂を起こす急展開に失笑の嵐!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

錦戸亮の電撃退所でジャニタレ大量離脱危機!

かねてから退所がウワサされていた錦戸。中居、長瀬がこれに続く!?
写真
人気連載

本場フィンランドの新しいサウナ道

かつてないサウナブームの中、サウナ道こと“サ...…
写真
インタビュー

朝倉兄弟『RIZIN』揃い踏みへ!

 さあ、いよいよ兄弟揃い踏みだ!――総合格闘界の大注目株、朝倉未来(みくる・26歳)...
写真