日刊サイゾー トップ > 芸能  > 日ボク連“山根明”問題で喜んだ芸人

日本ボクシング連盟“山根明”問題、長期化で最も喜んだ芸人は?

レイザーラモンRG 公式Twitter(@rgizubuchi)より

 一方的に批判を浴び、日本ボクシング連盟の会長と理事を辞任するも、一気に「反撃」に転じようとしている山根明氏。昨年から続く相撲、レスリング、アメリカンフットボールに次ぐスポーツ団体のスキャンダルの行方から目が離せない。

 そんな中、今回の問題の長期化を「誰よりも喜んでいるだろう」とお笑い関係者の間でもっぱら言われているのが、お笑い芸人・レイザーラモンRGだ。先日も大手家電メーカーの発表会見に、わざわざ“山根スタイル”で登場。「今日は俺への接待をしていただけた」と本家のネタをパクってあいさつしたが、前出関係者は「ホンネはウハウハなはずだ」と指摘する。

「もともとRGは細川たかしのモノマネで人気が火が付き、最終的には細川の公認をもらって一緒に営業に出かけるまで食い込んだ。彼の生命線は、話題の人物になりきって『あるあるネタ』を繰り出す手法ですが、芸能界顔負けの強烈なキャラクターである山根前会長がしばらくワイドショーをにぎわすなら、その分、世間への浸透度も違ってくる。ただ今回の件は反社会的勢力との交際が問題になっている以上、営業で披露できるかは今後の展開にもよるでしょう。まずは秋の特番シーズンまでボクシング問題の報道がこの調子で続けば、オイシイ商売ができるでしょうね」(同)

 イベント出席の際はモノマネ開始4日目で辞任となり「4ラウンドでKO」と自虐的に笑ったが、まだまだ行けそうな予感が漂っているのは確かだろう。

最終更新:2018/08/13 23:00

日本ボクシング連盟“山根明”問題、長期化で最も喜んだ芸人は?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

菅首相NHK“事実上国営放送化”でメディア掌握か

 今週の注目記事・第1位「GoToズサン運営...…
写真
インタビュー

劇作家が語るコロナ禍と誤解

 新型コロナウィルスの影響によって、音楽ライブや演劇といったライブパフォーマンスが危...
写真