日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > カラテカ入江に“アノ業界”が熱視線

カラテカ・入江慎也の「年商1億円人脈」に“アノ業界”から熱視線!

フジテレビ公式Twitter(@fujitv)より

 お笑いコンビ、カラテカの入江慎也が、9日放送の『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)で、3年前に設立した自身の会社が年商1億円となったと明かした。

 チャラいキャラクターで知られる入江だが、最近はコンサルタント業務が主な活動で「年間にかなりの数の講演会をこなし、執筆本も好調」(お笑い関係者)という。

「彼の場合、特に強いのは、中小企業から大企業に至るまで、数多くの社長を押さえている点。特にオーナー企業の社長を攻略するのがうまく、リピートで仕事に呼ばれたりする機会も増えている」(同)

 芸人界隈では“コンパキャスティングの達人”としても知られるが、それらを生かしてしっかりと稼げるようになったのは、彼の才能といえよう。

 そんな入江が築いた人脈には、複数の業界が熱視線を送っている。

「まずは、地方自治体の町おこしを担当する部署の関係者ですね。彼の人脈はもちろん、ノウハウをなんとか取り入れて人を呼び込むことができないか、画策しているようです。もうひとつは芸能マスコミ。こちらは入江が無尽蔵に築いた芸能、スポーツ、政界人脈を活用したいという狙いがあるようです」(同)

 入江といえば、自身の名刺に携帯番号が記されており、一度会うチャンスがあれば比較的簡単に連絡が取れることでも知られている。

「以前より頻度は減りましたが、飲み会や会合などにもマメに顔を出していて、その情報量はハンパない。今や完全に芸人の域を超えていますね」(同)

 本業ではさえなかった男が、意外な才能を開花させているようだ。

最終更新:2018/08/14 06:00
こんな記事も読まれています

カラテカ・入江慎也の「年商1億円人脈」に“アノ業界”から熱視線!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

エルトン・ジョン自伝映画

 人気ロックスター、エルトン・ジョンの半生を...…
写真
インタビュー

最近急増中の“こじらせ男子”とは?

最近、なんか面倒臭い男が増えているな――みたいな実感、ありませんか?  そんなモヤモヤを...
写真