日刊サイゾー トップ > 芸能  > 元テレ朝アナ、フリー転身で収入半減

元テレ朝・佐々木正洋アナの“大誤算”フリー転身で収入半減の「深いワケ」

※イメージ画像

『ワイド!スクランブル』(テレビ朝日系)などで活躍したフリーアナウンサーの佐々木正洋が10日、『爆報!THEフライデー』(TBS系)に出演。局アナ時代と比べて年収が激減したことを明かした。

 定年より3年ほど早くフリーに転身した佐々木アナ。当初は「1億円稼ぐ!」と周囲に豪語していたが、実際には収入が半分ほどになってしまい、その影響もあってか次々と病に襲われているという。

「現在64歳の佐々木アナが目指したのは、徳光和夫さんのポジションでしょうね。テレビ番組から結婚式の披露宴の司会までこなしてと思っていたのでしょうが、そもそもテレビ業界も不況の昨今、わざわざオジサンのフリーアナを使うほどの余裕はない。完全に道を見誤った選択だったと思う」(在京キー局関係者)

 また、別のテレビ制作会社幹部は「スポーツ実況、情報番組などキャリアは十分だが、例えば同期の古舘伊知郎のような強烈なキャラクターはなかった。キー局出身のフリーアナを使う場合、知名度があるだけに、こまごました仕事を振ることも難しくなる。今後、自分の意見をバンバン言えるコメンテーター枠で頭角を現すことができれば、生きる道が開けると思いますが、今のままならジリ貧ですね」と心配する。

 売れれば一獲千金のチャンスを得られるフリーアナウンサーだが、その当たり外れは大きいようだ。

最終更新:2018/08/15 06:00
こんな記事も読まれています

元テレ朝・佐々木正洋アナの“大誤算”フリー転身で収入半減の「深いワケ」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

チュート徳井、巨額脱税で芸人生命終了へ

”板東英二超え”の巨額申告漏れで、売れっ子芸人がテレビから消える!?
写真
人気連載

瓜田純士、田代まさしに去勢を提案!?

 マーシーこと田代まさし容疑者(63)が、覚...…
写真
インタビュー

『解放区』は何が問題だった?

 令和元年を象徴する、火傷しそうなほどに熱いインディーズ映画『解放区』が現在公開中だ...
写真