日刊サイゾー トップ > 芸能  > ローラ、テレビ復帰否定に落胆の声

ローラ、セレブ感漂うハイレグ姿にファン興奮 テレビ復帰否定には落胆の声も

ローラ公式インスタグラム(@rolaofficial)より

 10日、タレントでモデルのローラが、自身のインスタグラムにハイレグ・ショットをアップ。肉体美だけでなくセレブ感漂う姿でファンの目を釘付けにした。

「コメント欄には具体的な記述がないので詳細は不明ですが、白地に金色の紋章デザインが入った、見るからにハイブランドのものらしきハイレグ水着を着用し、同じデザインのスカーフを首に巻いて、赤いフレームのサングラスをかけた姿が披露されました。さらに、風に吹かれご機嫌な様子で笑顔を振りまく、クルージング中の動画もアップされたため、『肉体もファッションも、すべてがゴージャス!』『ますます手の届かない存在になっていく』などと、ファンを興奮させたようです」(芸能関係者)

 昨年、アメリカ・ロサンゼルスで豪邸を購入し、現地に住む有名人と流暢な英会話で交流するなど、タメ口&お馬鹿キャラで人気を集めたかつての姿が嘘のようなライフスタイルを送るローラ。7日に発売された「週刊女性」(主婦と生活社)では、日本復帰説が報じられた。

「同誌によれば、ローラは昨年、所属事務所との“奴隷契約”をめぐるトラブルを抱えていましたが、今年4月に和解したことを機に、ロスの豪邸を売りに出し、拠点を日本へ戻す計画を進行中とのことでした。日本のバラエティ番組でローラの姿が再び見られるとファンは歓喜したようですが、同誌の発売翌日には、本人が自身のTwitter上で、『拠点をロスから日本にしてないんだけどなぁ』と否定したため、落胆の声が飛び交うことになってしまったようですね」(同)

 12日には、「わたしはいま頭の中が子供達や動物の幸せと地球をまもることでいっぱいです」とツイートし、UNICEFへの1,000万円の寄付を表明。環境問題や慈善事業へ強い関心を示すローラだが、より多くの日本人の意識を向けさせるべく、本格的なタレント復帰を一考してもいいのではないだろうか。

最終更新:2018/08/15 12:00
こんな記事も読まれています

ローラ、セレブ感漂うハイレグ姿にファン興奮 テレビ復帰否定には落胆の声ものページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

郵便局・日本郵政は信用できない

今週の注目記事・第1位「もう『郵便局』は信用し...…
写真
インタビュー

5lack×前野健太”異色”対談

 ラッパーの5lackが、オリジナルアルバム『KESHIKI』をリリースした。前...
写真