日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 『絶対零度』の“殺しとけ”感が怖い

フジテレビ月9『絶対零度』好調キープも“番手の低い役者から殺しとけ”感が怖いです……

■お前、平田だろ。

 

 結果、処刑人はミハンチームの田村さん(平田満)でした。例によって井沢が唐突に真相を突き止め、フードをかぶって秘密基地でノートパソコンをいじる田村さんに詰め寄り、自白を迫ったのでした。

 ここまで、田村さんが処刑人である可能性は、視聴者には一切示されていません。何かとっかかりになる出来事があって井沢が田村さんを疑うのではなく、井沢が疑い始めてから「田村さん=処刑人」の説明が始まるのです。「実は25年前の連続殺傷事件の現場に田村さんもいた」「そのとき田村さんは動物殺傷が殺人につながる可能性を訴えていた」「現場で婚約者を殺されていた」「遺族から不条理な糾弾を受けていた」などなど、後出しで建て増しの事実関係を積み上げて辻褄を合わせ、最後は田村さんに拳銃自殺をさせて、はい悲劇の一丁上がり。本田翼号泣。めでたしめでたし。

 平田満はミハンメンバーを演じる役者の中で、もっとも番手の低い演者でした。ここでいなくなっても、別に大丈夫。だから殺す。まるで恋愛ドラマの中盤にテコ入れで出てくるキスシーンみたいに、簡単に田村さんの命が捨てられてしまいました。

 前々から折に触れて書いてきましたが、このドラマの「人の痛み」に対する鈍感さ、扱いの軽さは、極めて居心地が悪いんです。しかも、作り手側がそういう鈍感さに、あんまり自覚的じゃないように見える。テンポよくサクサクと、基本的には“楽しく見れちゃう”ドラマだけに、なんか、何かが怖いんですよ。知らんけど。

(文=どらまっ子AKIちゃん)

最終更新:2018/08/15 13:47
12
こんな記事も読まれています

フジテレビ月9『絶対零度』好調キープも“番手の低い役者から殺しとけ”感が怖いです……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

侍ジャパン世界一の裏に野村克也?

 スポーツ系の情報番組やスポーツニュースは、...…
写真
インタビュー

人力舎の”若手”アンダーパーに注目

 芸歴5年目、なのに全員オーバー30という、人力舎の”若手”トリオコント師「アンダー...
写真