日刊サイゾー トップ > カルチャー  > ビームスは高いだけでダサい!?

ビームスは高いだけでダサい!? 「ジップロック」との異色コラボで思い出される黒歴史

BEAMS COUTURE 特設サイトより

 ビームスが8月15日、「ジップロック」とのコラボアイテムを発売し、話題となっている。 

 今回のコラボでは、ジップロックのバッグシリーズを用いたアイテムを制作。トートバッグ(¥11,000/税別、以下同)やウエストポーチ(8,800円)、傘(9,200円)、エプロン(¥10,000)、キャップ(9,000円)など全9商品がラインナップ。女優の永野芽郁が出演するテレビショッピング風のウェブCM動画も話題を呼んでいるが、その奇抜なデザインと価格に、ネット民は驚愕。「欲しい!」「最高に面白すぎでしょ」といった好意的な意見のほか、「えっ、これかわいいの?」「普通にダサい」「もうファッションがよくわからない」「ビームスとコラボするだけで、この値段って」といった声や、「リアル財布がジップロック」「母親に『作ってやるよ』って言われた」などの報告も相次いでいる。

 ビームスといえば、過去にもさまざまなブランドやミュージシャンとコラボしているが、今回同様、イケてるものばかりではない。

B’z オフィシャルサイトより

 たとえば今年6月、B’zデビュー30周年を記念してコラボしたパーカー。有楽町で行われた「B’z 30th Year Exhibition“SCENES” 1988-2018」の会場で販売されていたもので、ブラックの生地に、グレーで両腕に“SCENES”のロゴが各4カ所入っているのだが、ネット上ではファンから「ダサすぎる」との声が相次いだ。

「WEAR」より

 また、2015年には『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の公開に合わせ、劇中のキャラクターが描かれたアイテムを販売。浮世絵をモチーフにしたダース・ベイダーが背面に刺繍され、胸元部分にはカタカナで『スター・ウォーズ』と書かれたスカジャンがファンから大不評を呼んだ。

「セレクトショップの草分け的存在で、ポップでキャッチーなアイテムが多いビームスですが、『無駄に高いだけ』『しょせん学生向け』といった声は少なくありません。他ブランドと似たようなデザインが多いし、“ただの白いTシャツが、なんでこんなに高いの!?”って、よく編集部内で話題になっていました。高校生~大学生、専門学生向けの雑誌では取り上げることが多いですが、いい年した大人が着てると、ちょっと……といった感じですね」(元ファッション誌編集)

 以前、同社の設楽洋社長は「日経ビジネス」(日経BP)のインタビューで「『面白そう』がなくなったらビームスはおしまい」と語っていたが、冒険的なコラボは同社の社風のよう。オシャレな人たちの発想は、凡人にはなんとも理解しがたい。

最終更新:2018/08/16 18:00
こんな記事も読まれています
関連キーワード

ビームスは高いだけでダサい!? 「ジップロック」との異色コラボで思い出される黒歴史のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

5年間お蔵入りになった過激作

 走り続けていると次第に息が苦しくなるが、し...…
写真
インタビュー

『こじらせ男子』著者インタビュー【後編】

(前編はこちら)  各方面で話題になっている、一般社団法人日本合コン協会会長の田中絵...
写真