日刊サイゾー トップ > 芸能  > TOKIOカケルの企画に大ブーイング

『TOKIOカケル』にKis-My-Ft2が出演!『キスブサ』に酷似した企画が放送されるも「心の底からどうでもいい」と怒りの声

 8月15日に放送された『TOKIOカケル』(フジテレビ系)に、Kis-My-Ft2の玉森裕太、千賀健永、宮田俊哉が出演。“教えて! 男子の正解”というコーナーが放送され、ファンから「なんでTOKIOさんの番組でキスブサみたいなことしてるの?」「マジでいらないから!」といった不評の声が上がっている。

 同日は、街頭インタビューで寄せられた“今さら男子に聞けない女子の悩み”にTOKIOのメンバーとキスマイのメンバーが答える企画を放送。片思いの男子と焼肉デートで“今日はおごるよ”と言われた場合、「本当に食べたいお肉を頼む女子」と「気を使って普通のお肉を頼む女子」のどちらが良い振る舞いかなどを7人で討論し、盛り上がりをみせていた。

「TOKIOとキスマイの共演にファンは、『TOKIO兄さんが上手くイジってくださり、楽しいトーク満載だった』『TOKIO×キスマイ、最高に楽しかったです!』『TOKIO兄さんとキスマイの共演、これからもたくさんあったらいいのになぁ~』と大喜び。しかし、肝心な番組の企画には『TOKIOカケルのお悩み相談、心の底からどうでもいいと思ってる』『キスブサの恋愛相談みたいだな~。こういう企画はもういいです』『恋愛未解決事件みたいに、また一般人のインタビュー流れてた。全編トークで十分なのに』など批判的なコメントが続出しています。キスマイの冠番組『キスマイ超BUSAIKU!?』(フジテレビ系)では、“恋愛未解決事件”や“オトナ味の恋愛相談”といった一般女性からの悩みに答える新コーナーが不人気。キスマイがゲストの回でも同じような企画が放送されたため、ファンの顰しゅくを買ってしまったのでしょう」(芸能ライター)

 今月9日放送の『キスマイ超BUSAIKU!?』では、恋愛未解決事件の復活が“次回予告”で発表されただけでプチ炎上。「本当にこのコーナーいらない」「不評なのになんで続けるの?」など、阿鼻叫喚の声が上がっている。

「キスマイファンの間で、新コーナーはトラウマになりつつあるのかもしれません。その理由は、『知らない一般女性の恋愛相談に興味がない』というものがほとんどです。『TOKIOカケル』も同じような理由でお悩み相談コーナーが不評。同番組は以前、メンバーを中心にしたスタジオ内の企画がほとんどだったため、ファンからは『TOKIOカケル、途中まで面白かったのに唐突な一般人ネタ……。こういうのは観てる層から需要ないって気づいてほしい』『TOKIOカケル、キスブサ並みに迷走してない? 一般人インタビューって誰得なの?』『キスブサもTOKIOカケルも一般人いらない! ジャニーズの顔面を見せろ』という声が続出していました」(同)

 一般女性を登場させて不評な2番組。トークだけで十分というファンも多いが、期待に応えられる番組を製作できるのだろうか。

最終更新:2018/12/12 14:30
こんな記事も読まれています

『TOKIOカケル』にKis-My-Ft2が出演!『キスブサ』に酷似した企画が放送されるも「心の底からどうでもいい」と怒りの声のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

5年間お蔵入りになった過激作

 走り続けていると次第に息が苦しくなるが、し...…
写真
インタビュー

足立正生が語る、若松孝二(前編)

 秋雨の降る明治通りの交差点に、パレスチナ解放闘争の戦士は立っていた。白髪だが、肩幅...
写真