日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 『グッド・ドクター』山崎賢人に危機

『グッド・ドクター』山崎賢人“イケメン先生”として人気獲得も、小児外科存続の危機に……

 さて感想。これまでは、小児外科医における湊の立ち位置、自閉症を患う人間が医局に馴染めるのか? という視点から構成されたストーリーが主でした。しかし前回、湊のことを一番に懐疑的に見ていた高山からの信頼を勝ち得たことで、今回は湊が医師になるための成長を純粋に描く回となったようです。

 序盤シーンでは、当直医を任されるようになり、患者からは“イケメン先生”として人気者になるなど、今まで以上にハツラツとした表情を見せていた湊ですが、航の登場で一変。幼少期に兄と一緒に事故に遭い、自分だけが助かった負い目に対し、「僕の方が天国に行くべきでした」と口にするほど苦しみます。

 そしてそこから復活するわけですが、自閉症という、ただでさえ難しい役どころに、精神的なアップダウンの激しさも加わったハイレベルな演技を、山崎がごく自然に披露していました。毎回のように書いていますが、今作での山崎の演技は文句なし。この当たり役を掴んだことによって今後、若手俳優の中で頭ひとつ抜きんでた存在になっていくことでしょう。

 また、湊を支える夏美役の上野の好演も際立っています。特に今回、湊が医師の道を断念する一歩手前まで落ち込んだところを励ます姿には、どこか母性すら感じました。これが、事務所のゴリ押しではなく、真の実力で役を勝ち取れる女優の演技力なんだなぁ、と感心しました。

 さて、そんなこんなで、湊が小児外科医になるための動機を再確認し、さあこれから、というところですが、次なる暗雲が。資金繰りに苦しむことから、東郷記念病院の理事長・東郷美智(中村ゆり)が、副院長・猪口隆之介(板尾創路)の提案を受け入れ、別病院との業務提携を受け入れてしまったんですね。

 で、この猪口は、採算の悪い小児外科を切り捨てたがっている。というわけで、湊のモチベーションが上がったところで、職場がなくなってしまう危機が到来。おまけに、湊の最大の理解者である司賀が、ステージ4の胃がんを患い、肺にまで転移してしまっている状況とあって、この先も茨の道が待っているようです。

 でもまぁ、波乱万丈の方がドラマは盛り上がり、湊の成長にもつながるわけですから、次からの展開にも目が離せません。
(文=大羽鴨乃)

最終更新:2018/08/17 20:00
12
こんな記事も読まれています

『グッド・ドクター』山崎賢人“イケメン先生”として人気獲得も、小児外科存続の危機に……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

石田ゆり子、本当は気が強い!?

「奇跡の50歳」といわれる若さと美貌で大人気...…
写真
インタビュー

ジャイアント白田を直撃!

 大食い番組全盛時代、フードバトルでモンスターと恐れられた男、ジャイアント白田。なぜ...
写真