日刊サイゾー トップ > エンタメ > ドラマ  > 『グッド・ドクター』山崎賢人に危機

『グッド・ドクター』山崎賢人“イケメン先生”として人気獲得も、小児外科存続の危機に……

フジテレビ系『グッド・ドクター』番組公式サイトより

 山崎賢人が天才的な記憶力をもつ小児外科医役を演じるドラマ『グッド・ドクター』(フジテレビ系)の第6話が16日に放送され、平均視聴率10.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。前回から1.4ポイントダウンとなってしまったものの、依然として2ケタ台をキープしています。

(前回までのレビューはこちらから)

 ある日、高山誠司(藤木直人)が率いる小児外科チームは、産婦人科医の鶴田皐月(堀内敬子)から手術要請を受けます。患者は出産間近の水野理香(篠原ゆき子)。胎児にリンパ管腫が見つかったため、帝王切開後に臍帯を切り離さないまま腫瘍を取り除く、EXITという難易度の高いオペが必要とのことなのです。

 高山はこれを受託し、助手に新堂湊(山崎)と瀬戸夏美(上野樹里)を指名。準備を進めるのですが、母子ともに命の危険が伴うオペに対し、理香の夫が難色を示したため日取りが決められません。

 そんな中、突然、湊の前に父親の航(遠山俊也)が姿を現します。幼少期に虐待を受けた記憶が蘇り、湊は一瞬怯えますが、昔とは違い温和になった航に安心し、食事へ行く約束を取り付けます。

 しかし、この情報を聞きつけた病院長の司賀明(柄本明)は、借金まみれの航が、湊を利用しようとしているだけだと察知。航を病院へ呼び寄せ、数百万円を手渡す代わりに、湊に二度と近づかないよう約束させます。

 一方、湊は予約していたレストランで待ち続けたものの、航が現れないため店を出ることに。するとその帰り道、手切れ金を懐にホクホク顔の航と偶然出くわします。そして、会いに来たのは金を無心するためだったこと、さらに、幼少期に湊と兄・奏太(田中奏生)が事故に遭った際、湊ではなく奏太に助かって欲しかったことを打ち明けられるのでした。

 これにショックを受けた湊は業務が手につかなくなり、医師への道を諦めようとするほど落ち込んでしまいます。

 そんな折、理香が狭心症の発作を起こし、すぐにも手術が必要な状態に。夏美から連絡を受けて病院へ戻った湊は、幼少期の事故で自分の命だけが助かったのは、“医師になって子供たちを救うため”だと気持ちを切り替え、亡くなった兄の分も意義ある人生を歩もうと改心します。

 そして、理香がどれだけ我が子の誕生を願っていたかを夫に話すことで、EXITの決行を承諾させることに成功。すぐさまオペを開始し、母子ともに命が助かったところで終了となりました。

12
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed