日刊サイゾー トップ > 芸能  > ダレノガレ、米映画出演の可能性は!?

ダレノガレ明美、ハリウッド挑戦を告白! 批判殺到も「デビューの可能性ゼロではない」ワケ

ダレノガレ明美

 タレントのダレノガレ明美が、8月19日に放送された『行列のできる法律相談所緊急生放送で生発表SP!』(日本テレビ系)に出演。タレント、モデル、アパレル業と夢を次々に叶えた彼女が新しい目標を発表し、スタジオを沸かせていた。

 この日の放送は「生放送緊急発表」がテーマ。放送冒頭でMCの東野幸治から話を振られたダレノガレは、「ハリウッド女優を目指し、渡米することを決意しました~!」と告白。すると、スタジオからは「ええ~!?」という驚きの声が。続けて、東野が決意した理由を問うと、現在公開中の『オーシャンズ8』を観た後にトイレに行ったところ、どこからか「カモン! ハリウッド!」という声が聞こえたためにハリウッド女優を目指そうと決意したことを明かした。しかし、英語ができないというダレノガレは、現在英会話教室に通い始めたそうで、「HELLOからスタートしたんですけど……」と語るも、「来年には(デビュー)したい」と抱負を語っていた。

 この発言にスタジオの共演者たちは、あっけにとられたというような表情を見せていたが、ダレノガレは至って真面目に答え、やる気を見せていた。

 しかし、ネットではこの発言に放送中から批判的な声が上がっていたという。

「放送中からこの告白は話題で『頑張って』とダレノガレさんの新たな目標を応援する声もありましたが、ほとんどが『ありえない!』『ハリウッド俳優と並ぶほど身長ないじゃん(笑)』『日本のドラマで大根役者ぶり発揮したのに何いってんの?』『英語習う前に演技習え!』といった否定的な声ばかりが聞こえていました」(芸能記者)

 昨年放送されたドラマ『奪い愛、冬』(テレビ朝日系)に三浦翔平の元カノ役で出演した際、あまりの棒読み演技に、視聴者から批判を浴びていたダレノガレ。そのため、このような声が上がるのも無理はない。しかし、女性誌ライターは「可能性はある」と明かす。

「ダレノガレさんと同じ事務所の先輩であるローラさんは、2016年公開の映画『バイオハザード: ザ・ファイナル』に出演しました。誰でも出演できるものではないので、もしかしたら、事務所がハリウッドとなんらかのつながりがあるのかも。ローラさんとの契約問題以降、事務所はダレノガレさんの売り出しに躍起になっている状態で、番組では『事務所も応援してくれている』と強気に答えていただけに、可能性もなきにしもあらずといったところでしょう。まあ、あとはダレノガレさんの英語力と演技力さえ上がれば……ですが(笑)」

 ダレノガレは20日に自身のTwitterを更新。ハリウッド挑戦に批判的な声が上がっていることに言及し、「海外にいくことを否定するコメントを見るとなんだろう…逆にめちゃくちゃ行きたくなる」とツイート。本気度が日に日に増しているだけに、ぜひ実現し、世間を驚かせてほしいものだ。

最終更新:2018/08/23 10:29
こんな記事も読まれています

ダレノガレ明美、ハリウッド挑戦を告白! 批判殺到も「デビューの可能性ゼロではない」ワケのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

宮迫&亮問題、吉本興行のブラック体質は変わるのか?

宮迫&亮の涙の会見で、吉本芸人の反乱が始まる!?
写真
人気連載

吉本興業に干された大物芸人

 “闇営業騒動“に端を発し、”パワハラ”、”...…
写真
インタビュー

瓜田純士が見た、映画『孤狼の血』

“キング・オブ・アウトロー”こと作家の瓜田純士(38)が、森羅万象を批評する不定期連載...…
写真