日刊サイゾー トップ > 芸能  > 新垣結衣・松田龍平“W主演”に暗雲

新垣結衣・松田龍平の“W主演”に漂う暗雲……「野木作品は直球イケメンNGなの?」

日本テレビ系『獣になれない私たち』公式サイトより

 女優の新垣結衣が、10月スタートのドラマ『獣になれない私たち』(日本テレビ系)で主演することが発表された。 

 2016年に旋風を巻き起こした『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)の脚本家・野木亜紀子氏と新垣の再タッグとあって、当初は「ヒット間違いなし!」という雰囲気だったが、ある発表によって一転、微妙な空気になってきているようだ。

「今作は、“等身大の現代女性”と“世渡り上手な毒舌男”によるラブコメディとのこと。しかし、相手役が個性派俳優の松田龍平、しかも『W主演』であることが判明すると、ネット上での反応が一変しています。新垣といえば、出演した映画『コード・ブルー』が大ヒット中ですが、こちらは山下智久が主演ということもあり、『逃げ恥』以来の“新垣主演ドラマ”をファンは待ち望んでいた。実際、放送される水曜10時の枠は9クール連続で女優が単独主演を張っていますから、なぜW主演なのかと不満を抱く人が続出しています。新垣と野木氏のタッグは今回で4度目ですが、これまで相手役を務めたのは綾野剛、岡田将生、星野源と、いずれもド直球のイケメン俳優ではないこともあり、女性たちからは『美男美女が観たかった』『野木作品は直球イケメンNGなのか』『龍平よりも翔太がよかった』といった声が多く聞かれます」(テレビ誌ライター)

 新垣と松田の共演は07年の映画『恋するマドリ』以来、11年ぶりとなる。松田が「久しぶりに一緒にお芝居ができるのが、とてもうれしいです」と語れば、新垣も「うれしいです! 当時私はまだ高校生で本当に子どもだったので、今回はご迷惑をおかけしないように頑張りたいと思います」と、共に再共演を楽しみにしている様子だ。

「しかし、松田は昨年、太田莉菜と離婚が成立。そのため新垣ファンからは『フリーになった松田に手を出されたらどうしよう』といった不安や、野木作品をまたヒットさせた後で、交際がウワサされている星野と『逃げ恥婚』になるのではと心配する人もいるようです」(芸能ライター)

 ほかにも、「タイトルがイマイチ」という意見も多く聞かれる同ドラマ。「W主演」となったのは、コケた時の責任を松田に押し付ける新垣サイドの“保険”だったりして?

最終更新:2018/08/21 12:00
こんな記事も読まれています

新垣結衣・松田龍平の“W主演”に漂う暗雲……「野木作品は直球イケメンNGなの?」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

嵐・二宮結婚に、他メンバーも続く!?

活動休止を待たず、結婚を発表した二宮。気になる他メンバーの動向は?
写真
人気連載

ゆるふわ系殺し屋マンガ2選

『ゴルゴ13』『シティーハンター』『クライン...…
写真
インタビュー

井上淳一が語る、若松孝二の功罪

 そこはまさに“夢の砦”だった。ピンク映画『甘い罠』(65)で映画界に殴り込んだ若松...
写真