日刊サイゾー トップ > 芸能  > アニメ『BLEACH』は音楽界の死神?

アニメ版『BLEACH』は“音楽界の死神”か? サンボマスターに心配の声……

サンボマスター オフィシャルウェブサイトより

 公開中の映画『BLEACH』が大爆死となり、主演の福士蒼汰の「死神」ぶりが話題となっている。同作は「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載されていた人気漫画が原作で、高校生の黒崎一護が“死神代行”となり、悪霊と戦うストーリーだ。

「一時は、イケメン俳優の代名詞的ポジションだった福士ですが、実は出演した映画は軒並み大コケ。映画『無限の住人』『ちょっと今から仕事やめてくる』『曇天に笑う』『ラプラスの魔女』と、いずれも興行成績が振るわず、関係者の間では『映画界の死神』という不名誉な呼び方までされているといいます」(映画ライター)

 一方、アニメ版の『BLEACH』には「音楽界の死神」の声がささやかれているという。

「アニメ版は2004年10月~12年3月にテレビ東京系で放送されていました。その主題歌を務めたアーティストがことごとく消えているんですよ。たとえば、『HIGH and MIGHTY COLOR』は解散。YUIは病気療養で活動を休止。その後、一般人と結婚していますが、後に離婚しています。『Aqua Timez』も今年5月に年内の活動をもって解散することを公式サイトで発表しました。その流れでいくと、今後の注目は『サンボマスター』。現在、土屋太鳳主演のドラマ『チア☆ダン』(TBS系)で主題歌を務め、人気を博していますが、彼らも09年にエンディング曲を担当しています。“死神”に憑りつかれていなければいいのですが……」

『BLEACH』の作者にとっては迷惑な話だけに、サンボマスターには負の連鎖を断ち切ってもらいたいものだ。

最終更新:2018/08/21 17:00
こんな記事も読まれています

アニメ版『BLEACH』は“音楽界の死神”か? サンボマスターに心配の声……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

エルトン・ジョン自伝映画

 人気ロックスター、エルトン・ジョンの半生を...…
写真
インタビュー

樹海、NY取材で見た人間の本性とは?

 ホームレスやゴミ屋敷、新興宗教などを中心に取材を続けてきた村田らむ氏と、国内外の裏社...
写真