日刊サイゾー トップ > スポーツ > 大相撲  > 大砂嵐に協会ブチ切れ!

大砂嵐、ボブサップとの“競演”に相撲協会ブチ切れ「稀勢の里の大事な場所に……」

大砂嵐のインスタグラム(@oosunaarashi)より

 今年3月に角界を引退、格闘家に転身する元力士の大砂嵐に、相撲協会関係者が“ブチ切れ”しているという。

 大砂嵐は、無免許運転による道路交通法違反の容疑で略式起訴され、さらには不倫や重婚疑惑が次々と報じられるなど、スキャンダルに見舞われて相撲道から離れた。

 その後、バラエティー特番の相撲企画で復帰、9月30日開催の『RIZIN.13』に出場が決まっている。先日行われた会見では“野獣”ことボブ・サップとの対戦を熱望している。

 だが、これに怒り心頭なのは相撲協会関係者だ。

「こっちは大相撲9月場所で8場所連続休場中の不名誉な記録を持つ横綱・稀勢の里が引退をかけて土俵に上がる。場合によっては、そのまま引退する可能性もあるわけで、それこそ一大事。大砂嵐も協会側を去ったとはいえ、今後どんな発言をするかわからないし、それこそ水を差すような言動も懸念されている」

 稀勢の里の引退に、大砂嵐の“暴走”が重なれば、それこそ協会関係者は大忙しとなり「それだけは避けたい」というのが本音のようだが……。

最終更新:2018/12/17 19:05
こんな記事も読まれています

大砂嵐、ボブサップとの“競演”に相撲協会ブチ切れ「稀勢の里の大事な場所に……」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

エルトン・ジョン自伝映画

 人気ロックスター、エルトン・ジョンの半生を...…
写真
インタビュー

元NHK堀潤氏が語る権力とメディア

 マスメディアには権力を監視する役割があると言われるが、果たして本当だろうか? 籾井...
写真