日刊サイゾー トップ > 芸能  > 滝沢カレンのふわふわ怪談が好評

物語の“オチ”で共演者が爆笑!? 滝沢カレンの斬新すぎる“怪談”が大好評

滝沢カレン Instagramより

 8月22日放送の『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)で滝沢カレンが怖い話を披露。内容は王道の怪談だったのだが、語り口が独特すぎて「全く怖くなくてびっくりした!」「こんなに怪談で笑ったのは初めて」といった感想が寄せられている。

 今回滝沢が披露した怪談は「トッキー」というタイトル。話の大筋は有名な都市伝説「メリーさん」と似たようなもので、「今○○にいるの」という電話が何度もかかってくるという展開だった。

 怪談の主人公はとある一人暮らしの女性で、ある日子どもの頃に捨てた“トッキー”という人形から電話がかかってくる。女性が受話器をとると、トッキーは「今わたし、あなたの家の下にいるの」と一言。いかにもなホラー展開だが、“1ミリも怖くない怪談話”になってしまったという。

「最初の電話がかかってくる場面から、滝沢は『なんにも考えずにボケボケ生きてる時に、突然電話がきたんですね』と独特なワードで状況を説明。その後も『今、あなたのマンションの居る階に居るの』『ちょっと怖くなったな~と思ったその子は、でもどうしょうもなくとりあえず居ることにしました』とふわっとした語り口で進行していきます。そして物語の肝である、通話の相手が『お前の後ろにいる!』と明かす場面では、何故か笑ってしまって台無しに。これにはMCの後藤輝基から『なに笑てんねん! 最後の決め!』とツッコミが飛び、スタジオも笑いに包まれていました」(芸能ライター)

 全く怖くない怪談話になってしまったが、視聴者からは「滝沢カレンの怪談が面白すぎてずっと爆笑してる」「ご飯食べながら見てたら米が喉に詰まった」「これはシリーズ化してほしい」「怪談話じゃなくて“すべらない話”だった」「滝沢カレンの怪談を聞いてたら元気が出てきた! 細かいこととかどうでも良くなる」といった声が。新感覚の怪談として中々好評だったようだ。

「滝沢は以前『王様のブランチ』(TBS系)でも怖い話を披露。亡くなった母からもらったお守りの中に『お前が死ねばよかったのに』と書かれていたという、重めのストーリーでした。しかしこの時も、彼女の『男子の悪ガキまっさかりの男子たち』といった独特なワードセンスが光り『漫談のようだった!』と話題に。また『有吉ジャポン』(TBS系)で行われた心霊スポットのリポートでも、『霊が怖いって言うけど向こうも私たちが怖い』『お互い様だよって感じ』と緊張感のない感想を口にして視聴者の笑いを誘っています」(同)

 どんな怖い話も笑い話に変えてしまう滝沢。“おもしろ四字熟語”の次は“おもしろ怪談”で人気を博すかも?

最終更新:2018/08/23 22:30
こんな記事も読まれています

物語の“オチ”で共演者が爆笑!? 滝沢カレンの斬新すぎる“怪談”が大好評のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

5年間お蔵入りになった過激作

 走り続けていると次第に息が苦しくなるが、し...…
写真
インタビュー

ニューヨークが「なんでもやる」宣言

 この数年、「偏見」ネタで人気を博している若手芸人・ニューヨーク。一昨年の『M-1グラ...
写真