日刊サイゾー トップ > 社会  > ゲイマッサージ店の忘れられない客
アングラライター・國友公司の「裏社会ふしぎ発見!」

新宿二丁目ゲイマッサージ店の元スタッフが明かす、”薔薇の花園”の内部とは?(後編)

新宿二丁目にある雄々しい看板

<実話誌が次々と休刊に追い込まれる昨今、何を間違ったかアングラの世界に足を踏み入れたライター・國友公司(26)が、危ないニオイのするトピックスを徹底取材!>

<前編はこちらから>

 新宿二丁目のゲイマッサージ店で3カ月間アルバイトをしていたという、都内に住む専門学生のケンタ君(19)。この店では来客した男性に対し、マッサージ後に手コキで抜いてあげるというサービスを行っている。ノンケということもあってイイ思いはほとんどなかったというが、彼にはいまだに忘れられない客が何人もいるそうだ。

「たまに夢にまで出てくることもあります。やはり二丁目の経験は濃厚でした」

 まず前提として伝えておきたいのは、来店するのは純粋な同性愛者ばかりではないということだ。「ゲイじゃないのに男に手コキしてもらうの?」と当然、疑問に思うだろう。しかし意外なことに、客の約半数がもともとは女性が好きで、途中から男もイケるようになったパターン。つまりは同性愛者というよりも、ただの性癖として男の体にも興奮するという客が多いという。妻子持ちなどザラらしい。

「要は、こじらせている人間が多いんですよ。性的に倒錯しているんです。よくあったのは“言葉責めをしてほしい”という客ですね。『男のチ〇ポなんかに興奮して気持ち悪いな!』と罵られて興奮している人もいました。中でも覚えているのが、ショタ系の趣味がある客ですね。言葉責めを要求されたので『ホラ、さっさと四つん這いになれよ』って言ったら、『こ、こどもに命令されてるぅ!』って」

 この客は19才のケンタ君を前に、涙を流して喜んでいたそうだ。

「とにかくお尻の穴を見たがる客もいました。見るだけならいいかと思って、仰向けになっている客にお尻を向けて自分で広げてあげたんです。そしたら10分近くずーっと見ているんですよ。じっとしているだけなので、マッサージするよりかは楽だからいいんですけどね。またその客の言ったセリフがいまでも頭から離れないんですよ」

 気の優しそうな男性客はケンタ君のお尻を見て、「ま、まほうの穴だっ!」と叫んだらしい。見ず知らずの男性にお尻の穴を見せて魔法使い扱いされる……。なかなかできる経験ではない。

12
ページ上部へ戻る
トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【1月期の冬ドラマ、続々スタート】視聴率・裏事情・忖度なしレビュー

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

ビートたけしと文春とのビミョーな関係

「ダウンタウン」松本人志が、飲み会で一般女性...…
写真
イチオシ記事

粗品「審査員をやってあげたい」

 霜降り明星・粗品が、また物議を醸しそうな物言いをしている。  21日にYouTubeの個人チャンネル「粗品のロケ」を更新した粗品。その動画のタイ...…
写真