日刊サイゾー トップ > 芸能  > セクゾ『24時間』でノーインパクト

Sexy Zone『24時間テレビ』で“ノーインパクト”……大ブレークへの道は遠い!?

 8月25、26日に放送された日本テレビ系『24時間テレビ 愛は地球を救う41』。メインパーソナリティーを務めたのはジャニーズ事務所の5人組アイドル・Sexy Zoneだった。

「メンバーそれぞれの知名度を考えると“大抜擢”だったといえるでしょう。生放送の方は、良くも悪くも無難にこなした印象ですね。大きなハプニングがなかったのは良いことですが、物足りなさも否めません」(芸能ライター)

 2011年11月メジャーデビューのSexy Zoneは現在7年目。そろそろ本格的にブレークしたいところだ。

「年齢的には18歳~24歳で、ジャニーズのデビュー組の中ではキャリア的にも若手。まだまだフレッシュさを出していきたいところですが、今年後輩にあたるKing & Princeがデビューしたことで、少々尻に火がついているような状態です」(女性週刊誌記者)

 そんな中での今回の『24時間テレビ』のメインパーソナリティー抜擢は、大きなチャンスだったというわけだ。

「チャンスを活かせたかというと、かなり微妙です。ちょうど2015年にメインパーソナリティーを務めたHey! Say! JUMPと似た雰囲気。ジャニーズ事務所としては多少ゴリ押しに近い形で抜擢したけど、そこまで結果がついてこない、といったところ。Hey! Say! JUMPについては、まだまだメンバーの名前も知られてないわけで、Sexy Zoneも、もうちょっと苦労すると思います」(同)

 元々Sexy Zoneは、SMAPのチーフマネジャーだった飯島三智氏が担当する“飯島派”だったが、飯島氏の退社によって藤島ジュリー景子副社長の支配下となった。

「『24時間テレビ』は基本的にジュリー派が仕切っていたということもあり、Sexy Zoneは今回の起用にあたって、ジュリーさんに“忠誠を誓った”ともいわれています。同様に元飯島派のKis-My-Ft2もジュリーさんに“忠誠を誓った”ようですが、『24時間テレビ』のメインパーソナリティーに選ばれたSexy Zoneのほうが一歩リードといった形でしょう。そういう意味では、今後もプッシュされるのでは。ただ、ジャニーズ事務所の力そのものが低下しているので、少々厳しいとは思いますが……」(同)

 スキャンダルらしいスキャンダルもなく、ジャニーズ事務所としては珍しい優等生グループでもあるSexy Zone。良くも悪くも話題に上がらない中、どうやって結果を出していくのか。勝負はこれからだ。

最終更新:2018/12/11 13:20
こんな記事も読まれています

Sexy Zone『24時間テレビ』で“ノーインパクト”……大ブレークへの道は遠い!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

超絶ストイックな『クマ撃ちの女』

 毎年この時期になると、たびたび報じられる「...…
写真
インタビュー

「パパ活」アプリ利用者の実態

 渡部篤郎主演、野島伸司脚本でドラマ化された『パパ活』(2017年)のヒット以後、「パ...
写真