日刊サイゾー トップ > 芸能  > 意外と順調な、ピース綾部のNY生活

ニューヨークに渡った綾部祐二、持ち前の“コミュ力”で地盤を固めていた!?

綾部祐二 公式インスタグラム(@yujiayabe)より

 昨年10月に渡米したピースの綾部祐二だが、相変わらず世間ではニューヨークでの活動を心配する声が。8月29日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)では、ロンドン留学を発表したウエンツ瑛士と比べられる場面があった。

 ウエンツは28日の『火曜サプライズ』でロンドン行きを発表。これを受けて『スッキリ』ではウエンツと生中継をつなぎ、意気込みなどを聞き出している。まず留学の目的は“ミュージカル”を本格的に勉強するためで、留学期間は1年半。最終的な目標は、世界的に有名な劇場街「ウエスト・エンド」の舞台に立つことだという。

 いきなりのロンドン行きについて真摯に語るウエンツに、“てれび戦士”時代から親交がある大沢あかねは「ほんとに憧れの先輩なので頑張ってほしいです」と号泣しながらエール。その後「綾部さんより目的がしっかりしてて安心しました」と言って、スタジオの笑いを誘っていた。

「大沢のコメントに、MCの加藤浩次からは『ここで綾部をディスるんじゃない』とのツッコミが。視聴者からも『確かに綾部よりウエンツの方がしっかりしてそう』『綾部さんって今何してるの?』といった声が上がっており、綾部のニューヨーク生活が不安視されています。そんな中、8月23日放送の『JUNKおぎやはぎのメガネびいき』(TBSラジオ)では、矢作兼がビビる大木から聞いた綾部のエピソードを披露。綾部は現在持ち前の“コミュ力”で人脈を広げており、普通は予約できないような店も電話1つで“OK”をもらえるほどだと語っていました」(芸能ライター)

 渡米の理由を「ビッグになりたい」「ハリウッド俳優になりたい」などと語っていた綾部。世間からは「なんで“コメディアン”じゃなくて“ハリウッド俳優”なの?」といった指摘もされていたが、意外と上手くやっているようだ。

「以前、綾部のニューヨーク生活に密着した『SOYJOY』のWEB動画で、彼は『会ったことないです、俺より英語ができない状態で(ニューヨークに)来たって人』と語っていました。全く英語がしゃべれない状態からハリウッドデビューを目指している綾部ですが、ハワイ州ホノルルのサッカー大会でチャリティーアンバサダーを務めるなど、仕事はこなしている様子。今年5月に綾部はインスタグラムで、歌手のコーベット・ジャクソンとレコーディングを共にしたことを明かしています」(同)

“ハリウッドスター”の夢にはまだまだ遠いものの、ニューヨークでの活動は順調そう。彼の挑戦を冷笑する人も少なくないが、是非ともビッグになって人々を見返してもらいたい。

最終更新:2018/08/29 15:30
こんな記事も読まれています

ニューヨークに渡った綾部祐二、持ち前の“コミュ力”で地盤を固めていた!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

『24時間テレビ』今年も大荒れ必至!?

初の駅伝形式で行われるチャリティーマラソンは大丈夫?
写真
人気連載

新作ピンク映画15本が集結

 最新ピンク映画の話題作&人気作をセレクトし...…
写真
インタビュー

ゲキメーションの旗手登場!

 デジタル化の進む現代社会において、アナログ感たっぷりな新しい恐怖の扉が開いた。京都...
写真