日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > パンドラ映画館  > 映画の中のビッチはなぜ美しい?
深読みCINEMAコラム【パンドラ映画館】vol.495

なぜゆえ映画の中のビッチはかくも美しいのか? 女神降臨『寝ても覚めても』『きみの鳥はうたえる』

東出昌大と唐田えりかが主演した『寝ても覚めても』。物語の終盤には「えっ、マジかよ!?」と口に出てしまう驚きの展開が待っている。

 ビッチとは尻軽女や浮気性の女性を指す侮蔑語だが、映画の世界ではその意味は反転し、自分に正直な女として輝きを放つことになる。世間のしがらみに縛られず、自由に生きる女性の称号となる。清純そうに見えるヒロインのビッチな側面を暴き出してこそ、初めて映画は面白く転がり始めると言えるだろう。逆にビッチな女性の一途な一面を知ることで、男はキューンとなってしまう。類型化されたヒロイン像からはみだした部分にこそ、カニミソ的な味わい深さが隠されている。9月1日(土)より劇場公開される『寝ても覚めても』と『きみの鳥はうたえる』は、どちらもヒロインのビッチさがとても魅力的に抽出された作品となっている。

 柴崎友香の同名小説を原作にした『寝ても覚めても』のヒロイン・朝子を演じる唐田えりかは、オーディションで抜擢された新進女優だ。自動車保険のCMに出演するなど、いかにも清楚なルックスだが、本作では危険な恋に身を焦がすことになる。主演の東出昌大がタイプの異なる2役を演じていることでも注目されている。

 大阪で暮らす朝子(唐田えりか)は、ある写真展で独特な雰囲気を漂わせる青年・麦(東出昌大)と出逢った。自由奔放な麦に朝子はひと目惚れしてしまい、2人はたちまち恋に陥る。酒場で朝子に近づく男がいると、平然と暴力を振るう危うさを持った麦だが、そんなところを含めて朝子はぞっこんだった。親友の春代(伊藤沙莉)は「あの男はやめとき」と忠告するが、朝子の心はしっかり麦のものとなっていた。そんなある日、麦は「新しい靴を買う」と出掛けたきり、消息を絶ってしまう。

『寝ても覚めても』の後半パート。仲本工事は単なるカメオ出演ではなく、物語上の重要な役割を果たすことに。

 2年後、麦のことを吹っ切るために朝子は上京し、カフェで働き始めた。近くの日本酒メーカーにコーヒーを届けに行った朝子は、驚いてしまう。スーツ姿の麦がいたからだ。朝子は「麦!?」と呼び掛けるが、麦ではなかった。双子かと思うほど、顔がそっくりな亮平(東出:2役)だった。麦とは赤の他人の亮平は、ちらちらと自分の顔を盗み見る朝子のことが気になって仕方ない。麦のことを知らない亮平は朝子へ積極的にアプローチするも、朝子は亮平が近づけば近づくほど距離を置こうとする。2011年3月11日。大震災によって帰宅難民が溢れ返った東京の暗い夜道で、朝子は亮平と遭遇する。運命を感じた2人は一緒に暮らすようになる。

 人が人を好きになる要因はルックスなのか、それとも内面なのか。根源的な問題すぎて小説の世界ではあまり扱われることのなかったテーマが、本作では深く掘り下げられていく。かつての恋人とそっくりな顔の持ち主である亮平を意識する朝子だが、彼女はそんな自分の心情にビッチさを感じて戸惑う。単に顔が好きなのなら、クローン人間でもいいことになる。放浪癖のある麦と違って、亮平は家庭的で真面目な男だ。2人を結びつけてくれた震災のことを忘れず、被災地への復興ボランティアを朝子と一緒に続けている。2人で暮らすようになって5年、麦と過ごした時間よりもずっと長く亮平と生活を共にしている。それでも、まだ朝子の心にはわだかまりが残っていた。週末のボランティアで疲れた亮平の身体を、丁寧にマッサージする朝子。うつ伏せになった亮平の背中や腰を揉む分には、顔を見ずに済むので朝子自身の気持ちも安らいだ。

 ひとりの女性の8年間にわたる心の揺れ動きを追った『寝ても覚めても』。上映時間5時間17分の前作『ハッピーアワー』(15)が話題を呼んだ濱口竜介監督は、今回は1時間59分の凝縮された時間の中で、ヒロインの葛藤を丁寧に描き出していく。2010年に発表された原作小説にはない震災のエピソードを盛り込むことで、震災前と震災後という時間の隔たりを巧みに表現してみせた。震災では多くのものが失われ、また隠されていた事実が明らかになった。大阪への転勤が決まった亮平は朝子に結婚を申し込むが、その直後に彼女は思いがけない衝動に駆られる。それはビッチと呼ぶのに相応しい行為だった。


12
こんな記事も読まれています

なぜゆえ映画の中のビッチはかくも美しいのか? 女神降臨『寝ても覚めても』『きみの鳥はうたえる』のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

5年間お蔵入りになった過激作

 走り続けていると次第に息が苦しくなるが、し...…
写真
インタビュー

毒舌婚活ブログ”中の人”に聞く

「ブログなんてもう古い、時代はnoteだ――」  そんな声がにわかに高まりだした20...
写真