日刊サイゾー トップ > 芸能  > 清原和博に取材記者が見た違和感

“番長”清原和博が久しぶり登場も、取材記者が見た違和感「“白ハラ”だったのに……」

清原和博

 先日閉幕した夏の甲子園100回記念大会で、久しぶりに公の場に姿を見せたのが“球界の番長”こと清原和博氏だ。8月21日に行われた大阪桐蔭と金足農業の決勝戦をバックネット裏上段の特別記者席で生観戦。黒のTシャツに短パンという、神聖なる甲子園の取材には少々ふさわしくないいでたちで登場し、マスコミの注目を集めた。

 清原氏は現役引退後の2016年2月に覚せい剤取締法違反で現行犯逮捕され、同年5月に懲役2年6月、執行猶予4年の有罪判決を言い渡された。

「まさか執行猶予中に甲子園に現れるとは思いもしませんでした。ずいぶん白髪が増えていましたが、眼光の鋭さは相変わらず。あえてマスコミの前に出てきたことから、将来的な球界復帰を考えているのかもしれません」(球界関係者)

 一方で気になるのは薬物依存が完治したかどうかだ。7月27日に出版した自叙伝『清原和博 告白』(文藝春秋)では「気づけば、覚せい剤の打ち方っていうのを(ネットで)検索していることもあるんです」と回想。前妻・亜希さんと離婚後、2人の息子と会えない日々が続いており、その寂しさから、重度のうつ状態であることも明かしており、心配は尽きない。いかつい男性を引き連れての歌舞伎町遊びも復活したと聞く。

 甲子園で清原氏を目撃した野球担当記者は、「その容姿に違和感があった」と明かす。決勝前日の朝、「スポーツニッポン」が清原氏と“大魔神”こと佐々木主浩氏の対談を一面で掲載。目についたのは清原氏の肌の白さで、ネット上では「白ハラ」「漂白清原」などと揶揄された。ところが、甲子園に現れた清原氏の顔はこんがり日焼けし、“番長時代”を彷彿とさせた。

 スポニチの内部関係者によれば、佐々木氏との対談は「8月上旬に行われた」のだという。

 野球担当記者は「つまり2週間余りで“白ハラ”から“黒ハラ”に整えたということ。マスコミを意識して日サロにでも通ったのだろう。形から入るところが清原らしいというか、なんというか……。甲子園での服装しかり、贖罪の日々を送っているようには感じられなかった」とこぼす。

 まだ“危うさ”は残ったままだ。

最終更新:2018/08/31 22:30
こんな記事も読まれています

“番長”清原和博が久しぶり登場も、取材記者が見た違和感「“白ハラ”だったのに……」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

城島茂と菊池梨沙…破局も近い?

今週の注目記事・第1位「巨人『鈴木尚広』と『美...…
写真
インタビュー

『カニバ』佐川一政の実弟が激白

 事件は1981年6月11日に起きた。パリに留学中だった佐川一政は、好意を抱いて...
写真