日刊サイゾー トップ > 芸能  > 『まる子』が復活させたスターたち

追悼・さくらももこさん──『ちびまる子ちゃん』が“復活・再ブレーク”させた往年のスターたち

『ちびまる子ちゃん』公式サイトより

『ちびまる子ちゃん』の作者として知られる漫画家のさくらももこさんが8月15日に乳がんで亡くなっていたことがわかった。53歳だった。さくらさんは10年あまりにわたって闘病生活を続けてきたという。ネット上では「西城秀樹さんが5月に亡くなった時には、さくらさんも闘病中だったのか」と、故人に思いをめぐらす言葉も聞かれる。

『ちびまる子ちゃん』には、さくらさんが小学生時代を過ごした1970年代の社会風俗が多く登場する。西城秀樹、山口百恵といった大スターはもちろん、この番組で知名度が復活し再ブレークにつながった人たちもいる。

「よく知られているのは山本リンダと、にしきのあきらですね。山本は『リンダ』という変わった名前と、派手な格好が子供たちの興味を引き再ブレークにつながりました。にしきのあきらは、まるちゃんのお姉ちゃんが最初は西城秀樹ファンだったものの、次ににしきのファンに乗り換える設定で注目を集めました。このエピソードで『あの人は今』状態だったにしきのの知名度が向上。その後『とんねるずの生でダラダラいかせて!!』(日本テレビ系)に出演し『スターにしきの』キャラでブレークするなど、再浮上を果たしました」(芸能ライター)

 まさに、多くの芸能人をサルベージしてきたといえるだろう。ほかにも『ちびまる子ちゃん』の登場で注目を浴びたものがある。

「オカルトですね。70年代は一種のオカルトブームだったといえます。五島勉の『ノストラダムスの大予言』(祥伝社)がベストセラーとなり、ユリ・ゲラーによる『スプーン曲げ』もブームになりました。作中でもまるちゃんが、1999年の人類滅亡に怯え、スプーン曲げに挑戦するシーンがあります。一方で、90年代も宜保愛子、織田無道をはじめ霊能者がテレビに積極的に出演したほか、おなじみのUFO、心霊写真、催眠術の番組も多く作られており、もうひとつのオカルトブームがあったといえるでしょう。『ちびまる子ちゃん』効果かはわかりませんが、ユリ・ゲラーの再来日も実現しています」(同)

 さくらさんが幼少期を過ごした70年代と、『ちびまる子ちゃん』の放送が始まった90年代は似通った空気を持っていたといえる。子供たちにとっては新しく、親世代の視聴者にとっては懐かしい。一粒で二度おいしい名作が『ちびまる子ちゃん』であったといえるだろう。
(文=平田宏利)

最終更新:2018/09/01 06:00
こんな記事も読まれています

追悼・さくらももこさん──『ちびまる子ちゃん』が“復活・再ブレーク”させた往年のスターたちのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

進次郎をダメにした記者と永田町

今週の注目記事・第1位「菅原一秀経産相『秘書給...…
写真
インタビュー

『シンゴジ』以降の主流なき邦画界

 興収83億円を記録した『シン・ゴジラ』(16)を最後に、日本の実写映画から50億円...
写真