日刊サイゾー トップ > 芸能  > 『まる子』が復活させたスターたち

追悼・さくらももこさん──『ちびまる子ちゃん』が“復活・再ブレーク”させた往年のスターたち

『ちびまる子ちゃん』公式サイトより

『ちびまる子ちゃん』の作者として知られる漫画家のさくらももこさんが8月15日に乳がんで亡くなっていたことがわかった。53歳だった。さくらさんは10年あまりにわたって闘病生活を続けてきたという。ネット上では「西城秀樹さんが5月に亡くなった時には、さくらさんも闘病中だったのか」と、故人に思いをめぐらす言葉も聞かれる。

『ちびまる子ちゃん』には、さくらさんが小学生時代を過ごした1970年代の社会風俗が多く登場する。西城秀樹、山口百恵といった大スターはもちろん、この番組で知名度が復活し再ブレークにつながった人たちもいる。

「よく知られているのは山本リンダと、にしきのあきらですね。山本は『リンダ』という変わった名前と、派手な格好が子供たちの興味を引き再ブレークにつながりました。にしきのあきらは、まるちゃんのお姉ちゃんが最初は西城秀樹ファンだったものの、次ににしきのファンに乗り換える設定で注目を集めました。このエピソードで『あの人は今』状態だったにしきのの知名度が向上。その後『とんねるずの生でダラダラいかせて!!』(日本テレビ系)に出演し『スターにしきの』キャラでブレークするなど、再浮上を果たしました」(芸能ライター)

 まさに、多くの芸能人をサルベージしてきたといえるだろう。ほかにも『ちびまる子ちゃん』の登場で注目を浴びたものがある。

「オカルトですね。70年代は一種のオカルトブームだったといえます。五島勉の『ノストラダムスの大予言』(祥伝社)がベストセラーとなり、ユリ・ゲラーによる『スプーン曲げ』もブームになりました。作中でもまるちゃんが、1999年の人類滅亡に怯え、スプーン曲げに挑戦するシーンがあります。一方で、90年代も宜保愛子、織田無道をはじめ霊能者がテレビに積極的に出演したほか、おなじみのUFO、心霊写真、催眠術の番組も多く作られており、もうひとつのオカルトブームがあったといえるでしょう。『ちびまる子ちゃん』効果かはわかりませんが、ユリ・ゲラーの再来日も実現しています」(同)

 さくらさんが幼少期を過ごした70年代と、『ちびまる子ちゃん』の放送が始まった90年代は似通った空気を持っていたといえる。子供たちにとっては新しく、親世代の視聴者にとっては懐かしい。一粒で二度おいしい名作が『ちびまる子ちゃん』であったといえるだろう。
(文=平田宏利)

最終更新:2018/09/01 06:00
こんな記事も読まれています

追悼・さくらももこさん──『ちびまる子ちゃん』が“復活・再ブレーク”させた往年のスターたちのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

サイゾーレビューすべて見る

グッドワイフ

TBS/日曜21:00~

 常盤貴子、19年ぶりの日曜劇場主演!

3年A組 ―今から皆さんは、人質です―

日本テレビ/日曜22:30~

教師・菅田将暉が生徒を人質に学校に立てこもる!

トレース~科捜研の男~

フジテレビ/月曜21:00~

錦戸亮が“科捜研の男”に!

後妻業

フジテレビ/火曜21:00~

木村佳乃がコッテコテの関西弁で「悪女」に!

初めて恋をした日に読む話

TBS/火曜22:00~

“残念なアラサー女子”深キョンが3人の男から……!?

家売るオンナの逆襲

日本テレビ/水曜22:00~

第2期は、家売るオトコ・松田翔太が登場

さすらい温泉 遠藤憲一

テレビ東京/水曜01:35~

遠藤憲一、俳優を引退して温泉宿の仲居に!?

刑事ゼロ

テレビ朝日/木曜20:00~

記憶喪失の刑事・沢村一樹が事件解決のために奮闘!

ハケン占い師アタル

テレビ朝日/木曜21:00~

杉咲花が「新・働き方改革」の救世主に

スキャンダル専門弁護士 QUEEN

フジテレビ/木曜22:00~

竹内結子が6年ぶりの地上波連ドラ主演!

メゾン・ド・ポリス

TBS/金曜22:00~

新米刑事・高畑充希が5人のおじさんに振り回される

イノセンス 冤罪弁護士

日本テレビ/土曜22:00~

坂口健太郎が「冤罪弁護」に挑む!

イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

ピエール瀧、コカインで逮捕!

“名バイプレイヤー”の不祥事に業界激震! NHK大河、出演映画はどうなる!?
写真
人気連載

原田龍二にレギュラーオファー増

どうしてあのタレントは人気なのか? なぜ、あ...…
写真
ドラマレビュー

『イノセンス』いきなり武田真治が……

(これまでのレビューはこちらから)  坂口健太郎主演ドラマ『イノセンス~冤罪弁護士~...…
写真