日刊サイゾー トップ > 芸能  > セクゾ『24時間』仮眠時間は忖度か

『24時間テレビ』目立てなかったSexy Zone、謎の“仮眠時間”はジャニーズへの忖度か

『24時間テレビ 愛は地球を救う』(日本テレビ系)が8月25日から26日にかけて放送された。平均視聴率(関東地区平均・ビデオリサーチ調べ)は15.2%を記録し、まずまずの結果となった。

 今年はメインパーソナリティーに“セクゾ”ことSexy Zoneが起用され、若手ジャニーズグループの大抜擢が話題となった。だが、番組内で十分に活躍はできただろうか。特に深夜帯の「好待遇」に関しては疑問の声があがっている。

「メインパーソナリティは通しで出演するのが通例ですが、今年は深夜帯の途中からセクゾが消えたのです。『24時間テレビ』の深夜企画は『嵐にしやがれ』『しゃべくり007』『有吉反省会』の3本立てです。『嵐~』には登場したものの、後半の2番組にはまったく画面に映りませんでした。この枠は、やはりお笑い芸人同士のハードなイジり、ハプニングなどが生ずる時間帯ですから、セクゾをそうしたものに巻き込ませたくなかったのかもしれません。ジャニーズ事務所への“忖度”が働いたともいえます」(放送作家)

 ネット上でも「セクゾ出るかと思って、ずっと起きていたけど出ないのかよ」「絶対この時間は『仮眠タイム』だな」といった声が聞こえる。

「今年の『24時間テレビ』は例年ならば4月ごろの発表が、1月と大幅に前倒しとなりました。さらにTOKIOの国分太一に代わって、セクゾの中島健人が『ぐるナイ』の『ゴチ企画』の新レギュラーとなるなど、売り出しに必死だったといえます。しかし、引きが弱いと見たのか、坂上忍、南原清隆、出川哲朗といったメンバーが次々と追加発表されていきました。バラエティもこなせるマルチタレントとしてのセクゾをアピールする場がなくなっていったイメージがありますね」(同)

 確かに今年の『24時間テレビ』は、トライアスロンを完走したANZEN漫才のみやぞんや、かわいいおじさんキャラで出ずっぱりだった出川哲朗が主役級の活躍を見せたため、セクゾが目立てなかったのは実情だろう。
(文=平田宏利)

最終更新:2018/12/11 13:20
こんな記事も読まれています

『24時間テレビ』目立てなかったSexy Zone、謎の“仮眠時間”はジャニーズへの忖度かのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

郵便局・日本郵政は信用できない

今週の注目記事・第1位「もう『郵便局』は信用し...…
写真
インタビュー

朝倉兄弟『RIZIN』揃い踏みへ!

 さあ、いよいよ兄弟揃い踏みだ!――総合格闘界の大注目株、朝倉未来(みくる・26歳)...
写真