日刊サイゾー トップ > 芸能  > 新『報ステ』のもうひとつの“爆弾”

徳永有美アナ起用の悪評だけじゃない! 新『報ステ』が抱えるもうひとつの“爆弾”

竹内由恵アナウンサーのインスタグラム(@yoshie0takeuchi)より

 テレビ朝日系の看板報道番組『報道ステーション』が10月から、一部のキャスターが入れ替わることを発表しているが、これが極めて“不評”だ。

 まず、9月いっぱいで降板する小川彩佳アナウンサーに代わって、サブキャスターを務めるフリーの徳永有美アナは、言わずと知れた“不倫略奪婚アナ”で、その起用については物議を醸している。

 徳永アナは局アナ時代の2001年に、同局のディレクターと結婚したが、03年春にウッチャンナンチャン・内村光良との不倫が報じられ、当時担当していた『内村プロデュース』『スーパーモーニング』を降板。同9月に協議離婚が成立し、05年に退社。その直後に、内村との不倫愛を貫いて再婚している。ドロドロの離婚劇を繰り広げた元夫は今でも同局に在籍しており、徳永アナの起用に異議を唱える勢力も局内に存在するといわれる。過去の話とはいえ、「不倫をするようなアナウンサーは報道番組にはふさわしくない」と見る視聴者も少なくないようで、波乱含みだ。

 また、新『報ステ』が抱える爆弾は、それだけではない。10月から起用される竹内由恵アナの存在も大いなる不安要素だ。竹内アナは月曜から木曜にスポーツ、金曜はサブキャスターを担当するが、報道番組だけに、彼女の“スキャンダル”噴出を危惧する向きも多い。

 06年の「ミス慶応」グランプリに選出された竹内アナは、キュートなルックスで男性ファンが多く、今でも同局の人気ナンバー1女子アナであることに変わりはない。むろん、同局も、その人気を当て込んでの抜擢なのだろう。しかし、彼女はとかく“恋多き女”で、いつスキャンダルが出るかわからないのだ。

 過去、竹内アナは同局社員、プロ野球読売ジャイアンツ・片岡治大(現コーチ)、電通マン、バスケットボールBリーグ・栃木ブレックスの田臥勇太らと数々の浮き名を流してきたが、いずれも破局。

「竹内アナは独身ですから、恋愛は自由ですが、あまりにも奔放な男女交際で、マスコミを賑わすのは好ましくありませんし、報道キャスターには不適切でしょうね。万が一、交際相手が既婚者なんてことがあれば、それこそ番組自体が大きなダメージを被ります」(スポーツ紙記者)

 大きな爆弾を抱えて、10月からスタートを切る新『報ステ』。不評続きで、視聴者からソッポを向かれることがないようにしてほしいものだが……。
(文=田中七男)

最終更新:2018/09/03 12:00
こんな記事も読まれています

徳永有美アナ起用の悪評だけじゃない! 新『報ステ』が抱えるもうひとつの“爆弾”のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

バラいろダンディで広告離れ露呈

 2014年4月から“オトナの夜のワイドショ...…
写真
インタビュー

チケット転売規制法「当選権利は対象?」

 6月に施行され、東京オリンピックのチケットも関係する「チケット転売規制法」。弁護士...
写真