日刊サイゾー トップ > カルチャー >   > 「an・an」セックス特集は誰得の企画か

いよいよ来年で30周年……恒例「an・an」の“セックス特集”は誰得の企画なのか

「an・an No. 2114」(マガジンハウス)

 1年に一度の楽しみといわれる「an・an」(マガジンハウス)のセックス特集号が今年も発売され、話題となっている。女性誌である「an・an」のセックス特集は1989年に始まった人気企画。初めてセックス特集を掲載した号では、耽美な金子國義のイラストを表紙に「セックスできれいになる」というタイトルを打ち、話題になっていた。

 それまで「an・an」といえば、ファッションを中心にはやりのお店やライフスタイル提案型の記事を掲載するオシャレな女性向け情報誌。人気雑誌の組んだ挑戦的な特集は、男女雇用機会均等法の施行もあり女性のライフスタイルの変化が注目されていた中で、大いに話題となった。

 この号が社会現象となったためか、翌90年のセックス特集では表紙に「話題騒然!」の文字も。当時の編集部としては、してやったりということだったのか。

 それから30年を迎えようとする「an・an」の恒例特集。2018年の特集ではAAAの西島隆弘が、耳キスをしている写真を表紙に「愛とSEX」のキャッチが踊っている。記事ページでは、これも恒例となった読者のSEX白書のほか「もっと感じるSEXテクニック」などの言葉も。

 経験に裏打ちされた洗練された記事といえる「an・an」のセックス特集。だが、もはや時代はネットへと移行している。そんな中で、紙の雑誌ベースでのセックス情報に、まだ価値があるといえるのか。

 都内の書店で売れ行きなどを聞いてみると、こんな答えが。

「毎年『an・an』が、もっとも売れるのは、セックス特集号です。女性はもちろんですが、男性も購入しますし、カップルで買っていく人も多い印象です。男女間でカジュアルにセックスについて語り合える、またとない手段となっているのではないでしょうか」

 いくらセックスの情報が入手しやすくなったとはいえ、男女間にあっては恋人同士でもフルオープンで話題にするのは躊躇するところ。だが「『an・an』読んだ?」という形であれば、話題にしやすいということか。

 いまだ例年「an・an」は、セックス特集号がもっとも売上がよいという。ともあれ書店にとって得する企画と言うことか。
(文=大居候)

最終更新:2018/09/03 23:00
関連キーワード

いよいよ来年で30周年……恒例「an・an」の“セックス特集”は誰得の企画なのかのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

『球辞苑』ナイツ塙が好プレー

 今年もまた、プロ野球ファンがオフを乗り切る...…
写真
インタビュー

20代女性が7割の「パパ活」アプリ

 渡部篤郎主演、野島伸司脚本でドラマ化された『パパ活』(2017)のヒット以後、「パパ...
写真