日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 神演技が続出した『このせか』第7話

右手の喪失、原爆投下……悲しくてやりきれない。神演技が続出した『この世界の片隅に』第7話

現代篇なしでも違和感ないが、予告に大物女優!! すずが闇墜ちする『この世界の片隅に』第4話の画像1
TBS系『この世界の片隅に』番組公式サイトより

「昭和20年8月広島…失った笑顔、絶望の先」。アジア大会中継のため、2週間ぶりのオンエアとなった『この世界の片隅に』(TBS系)。新聞のラテ欄に記された第7話のサブタイトルを読むだけで、つらいものがあります。広島市から呉市へと嫁いだ主人公すずは、懸命に築き上げた幸せな居場所を戦争で木っ端みじんにされてしまいます。こうの史代原作コミックの実写化『このせか』は、すずが遭遇した絶望とその先にあるものをどう描くのでしょうか。第7話を振り返りたいと思います。

(前回までのレビューはこちらから)

 第7話は衝撃的だった前回のエンディングから始まります。呉市を襲った空襲の直撃を逃れたすず(松本穂香)と義理の姪・晴美(稲垣来泉)でしたが、晴美のすぐ後ろには不発弾が埋まっていました。すずが「危ないッ!」と晴美の手を引いた瞬間に、すずと晴美は大きな白い光に呑み込まれてしまいます。

 どれだけの時間が流れたのでしょう。すずが目を覚ますと、そこはすずが嫁入りした北條家でした。すずは全身を包帯で覆われ、包帯が巻かれた右手はなぜか肘から先がありません。そして、肝心の晴美の姿がどこにもないではありませんか。仏壇には真新しい白い布で包まれた箱が置かれていました。幼い晴美を守ってあげられなかったことを、すずは悔やみます。晴美の母親・径子(尾野真千子)は髪を振り乱して「人殺し! 返して、晴美を!」と責めますが、すずは「ごめんなさい……」と消え入るような声で答えるのが精一杯です。

 晴美を救えなかったことに加え、すずは右手を失ったことで唯一の取り柄だった絵を描くこともできなくなりました。台所では、足が不自由で寝込んでいたはずの義母のサン(伊藤蘭)がせっせと働いています。嫁としての仕事まで失い、北條家での居場所をすっかり失ったようにすずには感じられるのでした。

 第6話からあまりにもしんどいシーンが続きますが、こんなときこそ伊藤沙莉演じる幸子の出番です。ご近所の幸子と志野(土村芳)が見舞いに訪れ、いつも3人一緒に過ごした段々畑へとすずを誘い出します。「何でうちも死なんじゃったんやろうか」と胸の内を語るすず。生き残った者が犠牲者に対して感じてしまう罪悪感、サバイバーズ・ギルトにすずは苦しんでいました。

 すずに掛ける言葉の見つからない幸子は、ふいにすずの頭を叩きます。何度も何度も叩きます。驚くすずに対し、「悔しかったら、殴り返してみんさいよ。右手がないなら左手で殴り返しゃええ」とメンチを切る幸子。幸子の優しさに触れたすずは、幸子を左手で殴り返します。その度に幸子は「痛うない! 全然痛うない!」と繰り返します。幸子の頭がゴツンゴツンと叩かれる音が画面に響き渡ります。幸子が感じている痛みは、すずの心の痛みです。吐き出すことのできない感情を溜め込んでいた親友を思い遣る、武骨だけど温かい幸子の人柄が伝わってきます。生身の俳優が演じる実写版ならではのオリジナルシーンでした。

 幸子は原作にも劇場アニメ版にも登場しない、オリジナルキャラクターです。このシーンのために伊藤沙莉はキャスティングされたと言っても過言ではないでしょう。伊藤沙莉演じる明るい幸子がいて、本当に良かった。彼女がいなければ、実写版『このせか』は底知れぬ暗さにずっと覆われ続けたままだったはずです。第6話で出会った成瀬(篠原篤)とぜひ幸せになってほしいと思います。


12
こんな記事も読まれています

右手の喪失、原爆投下……悲しくてやりきれない。神演技が続出した『この世界の片隅に』第7話のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

石田ゆり子、本当は気が強い!?

「奇跡の50歳」といわれる若さと美貌で大人気...…
写真
インタビュー

ジャイアント白田を直撃!

 大食い番組全盛時代、フードバトルでモンスターと恐れられた男、ジャイアント白田。なぜ...
写真