日刊サイゾー トップ > 芸能  > 芸能人の大食い挑戦に批判の声

ギャル曽根以外はいらない!? 『有吉ゼミ』のチャレンジグルメ企画が「見てて気分悪い」と大不評

日本テレビ系『有吉ゼミ』公式サイトより

 9月3日の『有吉ゼミ』(日本テレビ系)では、“ギャル曽根vsチャレンジグルメ”の企画を放送。芸能人たちが巨大グルメの完食に挑んだのだが、「見てて気分悪いわ」「食材を一生懸命作った人に申し訳ないと思わないのかな?」と批判の声が続出している。

 今回の放送にはギャル曽根以外に、浅利陽介、前田航基、内山信二の元子役軍団と芸人のひょっこりはんが登場。重量4kgの超爆盛りオムカレーマウンテンを、制限時間の40分以内に食べきれるか挑戦した。

「ギャル曽根は、特大のオムカレーを38分45秒で見事完食。しかし元子役軍団たちは、浅利が2.1kg、前田が1.4kg、内山が1.3kg、ひょっこりはんが3.1kg食べて制限時間を終えることに。スタジオからは、3kg以上食べたひょっこりはんの健闘を称える声が上がりました。しかし一方で視聴者からは、『流石に4人があんなに残すと、もったいないと思ってしまう…』『ゲストは1つの大盛りをみんなで分けて食べるやり方じゃダメなのかな?』『余った食材が勿体ない! お金を払えばいいってことか? 無駄になるのわかってるでしょ』『大食いファンからすると、絶対食えない芸能人はいらない』と指摘する声が多く上がっています」(芸能ライター)

 完食したギャル曽根以外のゲストが叩かれがちな同企画。実は、完食したゲストにツッコミの声が上がったこともある。

「昨年8月に放送された同番組では、ギャル曽根とフリーアナウンサーの谷亜沙子が4kgを超えるマウンテン焼きそばの完食にチャレンジ。2人とも食べきったのですが、谷のお皿にだけもやしが残っていたため『お皿汚い。あれで完食なの?』『ギャル曽根のお皿が綺麗なのは流石。谷さんはもっとお皿を綺麗にして』といった声が上がっていました。また、大食いではなく“超激辛チャレンジグルメ”企画にも批判の声が。今年4月放送回には歌手の鈴木亜美が出演し、20分以内の超激辛ドラゴンフォー完食にチャレンジ。鈴木は見事18分で完食したのですが、『食べ方が汚いな』『鼻に汁つけて感想言ってる姿に引いた』などの声が上がっていました」(同)

 今回の放送には、「フードファイターが美味しそうにたくさん食べてる方がいいのに」「普通の人が苦しそうに大食いメニューを食べる映像って、どこに需要があるんだろう……」といった声も。大食い素人にフードファイターの真似事をさせるのは酷なのかもしれない。つらい企画に挑戦して叩かれるゲストが可哀想だ。

最終更新:2018/09/04 19:30

ギャル曽根以外はいらない!? 『有吉ゼミ』のチャレンジグルメ企画が「見てて気分悪い」と大不評のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

『球辞苑』ナイツ塙が好プレー

 今年もまた、プロ野球ファンがオフを乗り切る...…
写真
インタビュー

横浜銀蝿・翔が語る、バンド誕生秘話

 1980年、リーゼントにドカンという不良まんまの姿でブラウン管に登場し、世の大人たち...
写真