日刊サイゾー トップ > 芸能  > 土岐田麗子が転落劇の真相を告白

元・人気モデル土岐田麗子、人生を狂わせたインパルス・堤下敦との“交際&転落劇”を告白

プラチナムプロダクション公式サイトより

 9月4日放送の『有田哲平の夢なら醒めないで』(TBS系)に、「JJ」(光文社)元専属モデルの土岐田麗子が出演。人気絶頂期からの転落劇を明かしたが、「モデルを続けてたっていつかは落ち目がくるんだから」「そうやってベラベラしゃべっちゃうところがダメ」といった声が上がっている。

 同放送のテーマ「こんなはずじゃなかった 元人気モデルSP」に登場した土岐田。彼女は過去に『踊る! さんま御殿!!』(日本テレビ系)に出演した際、共演のお笑いコンビ・インパルスの堤下敦に公開告白。交際がスタートしバラエティ番組にも引っ張りだことなったものの、世間からは“売名行為”とバッシングを浴びることに。

 さらに2年ほどで破局して以降は需要がなくなってしまい、仕事が激減。このときのことを土岐田は「テレビ、怖いなと思いました」と率直に語っている。これに対してネット上では、「堤下との話題性がなくなって仕事減ったって、それは単に実力がなかっただけでは?」「破局後でも活躍してる人いっぱいいると思うんですけど」「確かに交際特需もあったろうけど、仕事がなくなったのを堤下のせいにしてるみたい」と土岐田の考え方に疑問の声が相次いだ。

「土岐田は今回の出演で約10年ぶりの番組収録となりました。現在はペットショップの専属ドッグトレーナーとして働き、週5のシフトで時給は1000円と明かしています。また、土岐田はモデル時代に『(最高で)何百万、月に稼いでました』と赤裸々告白。『JJ』の中で最長となる12年間の専属モデルを経ての転身ですが、『ワンちゃんって忠誠心が強くて絶対裏切らないので』と満足そうな表情を見せていました」(芸能ライター)

 テレビから消えたことで知名度もなくなってしまったのか、土岐田は以前ペットショップへの取材で撮影クルーが訪れた際に全く気づかれなかったエピソードを披露。その取材番組には有田哲平も出演していたが、インタビューにたっぷりと答えているにも関わらず有田も気づかず。今回土岐田から指摘を受けた有田は、「共演してんだ!」「まさかと思うじゃないですか!」と釈明している。

「テレビ露出が激減した土岐田ですが、専属モデルの卒業自体はまだ昨年4月のこと。また6月12日には地元・千葉の『ZOZOマリンスタジアム』で始球式に登板しています。モデル卒業で今後を心配されていますが、久しぶりのバラエティをきっかけにテレビ出演の機会が増えるかもしれませんね」(同)

 ファンが戻ってくるかは土岐田の心構え次第。これからもコツコツと努力してほしい。

最終更新:2018/09/05 16:30
こんな記事も読まれています

元・人気モデル土岐田麗子、人生を狂わせたインパルス・堤下敦との“交際&転落劇”を告白のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

錦戸亮の電撃退所でジャニタレ大量離脱危機!

かねてから退所がウワサされていた錦戸。中居、長瀬がこれに続く!?
写真
人気連載

本場フィンランドの新しいサウナ道

かつてないサウナブームの中、サウナ道こと“サ...…
写真
インタビュー

“変態紳士”高嶋政宏、降臨!

   最近、ドラマや映画などで名演技を見せる高嶋兄弟の評価がうなぎ上りだ。2人とも5...
写真