日刊サイゾー トップ > 芸能  > 『ZERO』青山和弘氏の“意外な評判”

『NEWS ZERO』セクハラ疑惑浮上! 青山和弘氏の“意外な評判”とは?「左遷で喜ぶ社員も」

日本テレビ『NEWS ZERO』番組公式サイトより

 10月から元NHKの有働由美子アナウンサーを迎えてリニューアルする『NEWS ZERO』(日本テレビ系)に縁起の悪い出来事が起こってしまった。

 有働アナウンサーとともに『NEWS ZERO』に出演が内定していた日本テレビ報道局所属で、解説委員の青山和弘氏が、女性局員と女子大生アルバイトの2人にセクハラしたため番組を外されることとなり、日本テレビホールディングス経営戦略局グループ推進部に出向することになったと、週刊誌や夕刊紙など複数のメディアが報じているのだ。

 記事によれば、青山氏は、女性局員に無理やり肉体関係を強いたという。また女子大生アルバイトにも、相手が嫌がるそぶりを見せていたにもかかわらず、何度もホテルや家に誘っていたという。

 青山氏といえば、東京大学文学部を卒業した後、1992年に日本テレビに入社。政治部で経験を積み、国会官邸キャップやワシントン支局長を歴任してきた。プライベートでは日本テレビ局員と結婚したのちに、離婚。その後、同局のアナウンサーと再婚して2人の子どもをもうけた。

「最近ではテレビでニュースを解説するようになり、顔も売れてきました。街で声を掛けられることもあるようで、マスク姿やめがねで変装することも多かったです。こういったセクハラをしてしまうあたり、ちょっと有名になって偉くなったと勘違いしていたところもあったのかもしれません」(テレビ局関係者)

 局内でも、あまり評判はよくなかったという。

「年下の記者が持ってきた特ダネやスクープネタを自分の手柄のようにテレビで話すので、部下からの信頼はありませんでした。また、気に入らないことがあると、無理難題を部下に吹っかけて指示するなど、上司としての資質にも問題があったようです。今回、報道を離れ左遷されたので、喜んでいる人間も多いですよ」(同)

 元NHKの登坂淳一アナウンサー同様、セクハラ疑惑が浮上してしまった青山氏。日本テレビ側は疑惑を否定しているものの、一度付いてしまったイメージを回復することは難しそうだ。

最終更新:2018/09/06 16:00

『NEWS ZERO』セクハラ疑惑浮上! 青山和弘氏の“意外な評判”とは?「左遷で喜ぶ社員も」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

伊勢谷友介大麻取締法違反で逮捕の衝撃

名俳優の逮捕で、映画・ドラマにも波紋が…
写真
人気連載

ナイツが語るYMOと“テクノ漫才”

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

団地発ラップのGREEN KIDS

――2018年12月、いわゆる改正入管法が成立したわけだが、今、日本で働く外国人の環...
写真