日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル  > あやや&ゴマキだけじゃない不仲エピ

松浦亜弥との“不仲”激白した後藤真希だけじゃない……ハロプロ「ギスギス人間模様」が噴出寸前!?

『後浦なつみコンサートツアー2005春「トライアングルエナジー」』(hachama)

“ゴマキ”こと後藤真希が2日放送の『誰だって波瀾爆笑』(日本テレビ系)に出演し、“あやや”こと松浦亜弥と犬猿の仲だった過去を告白して話題となっている。当時、後藤は松浦本人に「嫌いなんだけど」と直接告げたようだ。同番組では「言いたいことを言い合って仲が深まった」後日談も報告したが、犬猿の仲であったことのみが報道される状況に、3日にブログを更新し改めて釈明している。

 モーニング娘。や松浦亜弥などが所属したハロー!プロジェクトは、お互いがライバルであるため、メンバー同士の人間関係はかなりギスギスとしていたようだ。ほかにはどのような例があるだろうか。

「有名なところでは、石川梨華の音声流出ですね。楽屋で会話している石川のものと思われる音声がインターネット上に流出したのです。そこには、“ミキティ”こと藤本美貴の奔放な男性関係を批判する内容や、後に男性問題でグループを実質的に追放された矢口真里に対する苦言が記録されています。特に、藤本がほかのメンバーから嫌われていたのはよく知られていますね」(アイドルライター)

 さらにはメンバー間の人気の序列が、そのまま人間関係の悪化につながる場合もある。

「後藤真希加入によってセンターポジションを一気に奪われた安倍なつみがゴマキに嫉妬心を向けていたのは、よく知られていますね。さらにはモーニング娘。自体をよく思っていない存在として平家みちよがいました。彼女は『ASAYAN』(テレビ東京系)のヴォーカリストオーディションの優勝者で、モーニング娘。は最終選考で残ったメンバーを集めて作られたグループです。いわば平家のほうが才能を認められて勝利しているにもかかわらず、ジョイントコンサートでは平家がモー娘。のオマケのように扱われ不快な思いをしたようですね」(同)

 すでにモー娘。全盛期から20年近くが経過している今、今後も新たな不仲エピソードが出てくるかもしれない。

(文=平田宏利)

最終更新:2018/09/06 17:00
こんな記事も読まれています

松浦亜弥との“不仲”激白した後藤真希だけじゃない……ハロプロ「ギスギス人間模様」が噴出寸前!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

アインシュタイン稲田、今後の課題

 今回取り上げるのは“稲ちゃん”こと、アイン...…
写真
インタビュー

5lack×前野健太対談後編】

 5lackが、オリジナルアルバム『KESHIKI』をリリースした。これを記念し...
写真