日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 『ルパバト』全オレ悶える

「いげぇぇぇ~ッ!」圭一郎と魁利の複雑な信頼関係に、全オレ悶える『快盗戦隊ルパンレンジャー』#30

■圭一郎の「いげぇぇぇ~ッ!」に心つかまれる

 今回のギャングラー怪人は、スカンクをモチーフにしたカンクス・ブチルメルカプタン(CV:大西健晴)。

 快盗たちは、いつものように金庫を開けてコレクションを奪う。これでコレクション能力が消えて有利に戦いを進められる……かと思いきや、カンクスが悪臭を放ちだし、ルパレン・パトレンは悶え苦しむ。

 カンクスから奪ったのは「バラ色の人生」という、ニオイを消す能力を持つコレクションだったのだ。それを手放したせいで、消えていたニオイが全開に。

 コレクションを奪われた方が強くなるという、異色ギャングラーだ。

 しかも、そのくっさいガスは可燃性。町は火の海と化す。

「こんな時、失われたスプラッシュ(消防車型のVSビークル)があれば……」

しかし、その「スプラッシュ」は、ルパンレッドとパトレン1号が奪い合いの真っ最中なのだ。

 連絡を受けた圭一郎は、このまま奪い合いを続けていては被害が広がるばかりだという判断もあったのだろう、

「そのVSビークルが必要だ。ここからならオレのパトカーより、お前の飛行機の方が早い!」

「何言ってるんだよ!」

 これまで快盗たちと共闘するのすら拒んできた圭一郎からの考えられない提案だ。

 魁利から圭一郎への思いが変化したように、正体は知らないながら、圭一郎からルパンレッドへの思いも変化していたのだ。

 当初は「快盗という手段を選んだ時点で間違っている!」と全否定していたルパンレッドに「VSビークル」を譲り、手助けを求める。

「いげぇぇぇ~ッ!」

 かつての圭一郎だったら許せなかった判断だろうが、「目的のためなら手段を選ばない」快盗のやり方を、少し受け入れたともいえるだろう。


123

「いげぇぇぇ~ッ!」圭一郎と魁利の複雑な信頼関係に、全オレ悶える『快盗戦隊ルパンレンジャー』#30のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

新型コロナ第2波で芸能界も大混乱

新型コロナ第2波で芸能人も続々と感染…
写真
人気連載

【ネットフリックス】アメリカの人種差別

「時代を代弁する”俺たちの”コメディアンの登...…
写真
インタビュー

ポピュリズムを誘うグロテスク戦略

 史上2番目の低投票率となる48.8%を記録した参院選を振り返る本企画。前編では、中島...
写真