日刊サイゾー トップ > エンタメ > テレビ  > 『ルパバト』全オレ悶える

「いげぇぇぇ~ッ!」圭一郎と魁利の複雑な信頼関係に、全オレ悶える『快盗戦隊ルパンレンジャー』#30

■圭一郎の「いげぇぇぇ~ッ!」に心つかまれる

 今回のギャングラー怪人は、スカンクをモチーフにしたカンクス・ブチルメルカプタン(CV:大西健晴)。

 快盗たちは、いつものように金庫を開けてコレクションを奪う。これでコレクション能力が消えて有利に戦いを進められる……かと思いきや、カンクスが悪臭を放ちだし、ルパレン・パトレンは悶え苦しむ。

 カンクスから奪ったのは「バラ色の人生」という、ニオイを消す能力を持つコレクションだったのだ。それを手放したせいで、消えていたニオイが全開に。

 コレクションを奪われた方が強くなるという、異色ギャングラーだ。

 しかも、そのくっさいガスは可燃性。町は火の海と化す。

「こんな時、失われたスプラッシュ(消防車型のVSビークル)があれば……」

しかし、その「スプラッシュ」は、ルパンレッドとパトレン1号が奪い合いの真っ最中なのだ。

 連絡を受けた圭一郎は、このまま奪い合いを続けていては被害が広がるばかりだという判断もあったのだろう、

「そのVSビークルが必要だ。ここからならオレのパトカーより、お前の飛行機の方が早い!」

「何言ってるんだよ!」

 これまで快盗たちと共闘するのすら拒んできた圭一郎からの考えられない提案だ。

 魁利から圭一郎への思いが変化したように、正体は知らないながら、圭一郎からルパンレッドへの思いも変化していたのだ。

 当初は「快盗という手段を選んだ時点で間違っている!」と全否定していたルパンレッドに「VSビークル」を譲り、手助けを求める。

「いげぇぇぇ~ッ!」

 かつての圭一郎だったら許せなかった判断だろうが、「目的のためなら手段を選ばない」快盗のやり方を、少し受け入れたともいえるだろう。

123
ページ上部へ戻る
トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【1月期の冬ドラマ、続々スタート】視聴率・裏事情・忖度なしレビュー

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

松本人志のルーツ

今週の注目記事・1「総力取材 尼崎~心斎橋~...…
写真
イチオシ記事

マユリカ・阪本に『ラヴィット!』震撼

 今やバラエティに引っ張りだこの人気芸人・マユリカだが、そんなマユリカの頭脳である阪本が20日、出演していた『ラヴィット!』(TBS系)でスタジオ...…
写真