日刊サイゾー トップ > 芸能  > 全く反省していなかった吉澤ひとみ

謝罪の言葉はウソだった? 元モー娘・吉澤ひとみの逮捕にファンから怒りの声

吉澤ひとみ オフィシャルブログより

 元モーニング娘。の吉澤ひとみが酒気帯び運転とひき逃げの疑いで逮捕された。有名タレントの逮捕で芸能界には激震が走り、ファンからも「絶対に許されることじゃない」「もう一生車の運転しないで」と非難の声が巻き起こっている。

 吉澤は9月6日午前7時ごろ、仕事先のイベント会場入りのため酒気帯び状態で車を運転。赤信号を無視して交差点に侵入し、自転車の女性をはねた。近くにいた男性も倒れた女性とぶつかり負傷したが、吉澤は車を止めることなく逃走。その後自ら「自転車をはねた」と110番通報して現場に戻り、検査で基準を上回るアルコールが検出されたという。

 2007年に当時高校生だった弟を交通事故で亡くしている吉澤。被害者遺族である吉澤自身が容疑者として逮捕されたことに多くのファンが落胆し、ネット上では「大切な人を失う悲しみを知ってるはずなのに、なんでこんなことに」「酒気帯び運転は“確信犯”だからね。人として終わってる」「2度と芸能界に戻ってこなくていい」などと怒りの声が噴出。また吉澤はブログで「ママ」と題し息子との何気ないやりとりを綴ったばかりで、「こんな母親で子どもが可哀想」「母親が逮捕されたなんてショック大きすぎでしょ」といった反応も上がっている。

「吉澤は17年9月にも運転中に車同士の衝突事故を起こし、相手の男性にケガを負わせました。吉澤はその後ブログで、『事故後、私は、そのまま現場に残り、駆けつけた警察官に対応しました。現在、警察が当時の状況を調べており、私もこれに最大限の協力をしています』と説明。『対向車に乗車されていた方、お仕事の関係者の方々には、ご迷惑をおかけしました。心よりお詫び申し上げます』と謝罪しています。このときの反省が全く活きていないどころか、運転に対する姿勢が悪質化した吉澤に同情の余地はありません」(芸能ライター)

 昨年の事故を経て、徐々に活動の機会を取り戻していた吉澤。所属事務所の「J.P ROOM」は謝罪文を掲載し、「今後、詳細が分かり次第、厳正に対処してまいります」と記した。

「吉澤は8月に、コンサートツアー『Hello! Project 20th Anniversary!! Hello! Project 2018 SUMMER ~ONE FOR ALL~』にOGとして参加。保田圭・矢口真里・市井紗耶香と共演を果たしてファンを喜ばせたばかりでした。これからの活動が期待されていただけに、芸能界に与えた衝撃は計り知れません」(同)

 吉澤には自分の犯した罪と向き合い、これからの時間を使って猛省してほしい。

最終更新:2018/09/07 14:55
こんな記事も読まれています

謝罪の言葉はウソだった? 元モー娘・吉澤ひとみの逮捕にファンから怒りの声のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

『24時間テレビ』今年も大荒れ必至!?

初の駅伝形式で行われるチャリティーマラソンは大丈夫?
写真
人気連載

新作ピンク映画15本が集結

 最新ピンク映画の話題作&人気作をセレクトし...…
写真
インタビュー

『こじらせ男子』著者インタビュー【後編】

(前編はこちら)  各方面で話題になっている、一般社団法人日本合コン協会会長の田中絵...
写真