日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ハロー!プロジェクト  > 後藤真希との“一夜”を元ホストが暴露

後藤真希との“ベッドイン”を元ホストの右翼関係者が週刊誌で暴露!?

後藤真希

 これは事実なのか!? 9月2日放送の『誰だって波瀾爆笑』(日本テレビ系)に、元モーニング娘。の後藤真希が登場。松浦亜弥との一触即発エピソードを暴露して話題を呼んだが、今度は自分が週刊誌で衝撃暴露される側となっている。

 一部で話題騒然となのが、9月4日発売の「週刊SPA!」(扶桑社)の「有名人とSEXした人大特集」なる記事。そのトップで、右翼団体「憂国我道会」に所属するY氏(記事では実名)が、人気アイドルグループの元メンバーMとのSEX体験を告白しているのだ。

「2人の出会いはY氏がホストをしていた時代で、Mは母親と共に来店したそうです。当時、Mのホスト遊びは歌舞伎町では有名だったようで、彼女をめぐってホスト同士で殴り合いが起きたこともあったとか。そのうちMが一人で来店するようになると、『Mを手マンした』と自慢するホストも現れ、Y氏もアフターに誘ったところ、すんなりOK。カラオケに行くと持ち歌を歌ってくれたといいます。その後、ホテルへ移動。Mの裸はキレイだったが『乳首がおばあちゃんみたいに黒く細長くて萎えてしまって』『あまり喘いだりせず』『すごいクンニもしたけど』などと情事の様子が生々しく語られています」(週刊誌記者)

 誌面ではご丁寧にMのプロフィールが紹介されているのだが、そこには「某国民的アイドルグループにて、大人びた魅力で大人気。身内の不幸に見舞われるも幸せを掴む」とあり、添えられたイラストにはモーニング娘。の大ヒット曲「LOVEマシーン」の歌詞をもじった吹き出しが……。

「後藤は母親が自宅で転落死する不幸を乗り越えて、14年に結婚。子宝にも恵まれています。もはや『M』と隠す意味すらないほどの大ヒントですし、Y氏が実名で登場していることから、内容の真実性には編集部も自信があるのでしょう。しかし、ひと昔前には定番だった“有名人とのSEX告白”は、仮に事実であっても公共性、公益性がないとされ、個人情報保護法が施行されて以降はタブーとなっています。なぜ、ここまで大胆な記事の掲載に踏み切ったのか、理解に苦しみますね」(同)

 後藤も、この件だけは「波瀾爆笑」だと笑い飛ばせないだろう。

最終更新:2018/09/10 09:25
こんな記事も読まれています

後藤真希との“ベッドイン”を元ホストの右翼関係者が週刊誌で暴露!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

バラいろダンディで広告離れ露呈

 2014年4月から“オトナの夜のワイドショ...…
写真
インタビュー

瓜田純士が逃走犯をプロファイリング

 大阪府警富田林署の面会室から脱走した樋田淳也容疑者(30)が、1週間以上たった現在も...
写真