日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > ヒモ男・窪田正孝の手口が明らかに!

『ヒモメン』窪田正孝がなぜ女性の心を掴むのか、最終回目前で、“ヒモ男”の手口が明らかに! 

■“ヒモ”の真理がようやく解明される

 第1話のレビューでも書いたように、主に窪田くんの“あざとかわいさ”で、「ヒモ以前に性格がクズすぎ」という翔ちゃんのクズすぎるヒモっぷりに拒否反応を示す視聴者たちを力ずくで黙らせてきたこのドラマ。

 最終話を目前にしてようやく、なぜヒモ男の虜になってしまう女性が存在するのか、やけにヒモの生態に詳しい看護師長・尾島(YOU)によって明かされました。

 尾島師長の「超ヒモ理論」によると、相手に貸しを作ると見返りを期待するようになり、「こんなに尽くしてるのに、なぜ見返りがないんだ? どうして振り向いてくれないんだ?」と、額が大きくなればなるほどその人のことを考えずにはいられなくなるんだとか。そうしてまた貢ぎ、また期待する……。

“男としての隙を見せられると、母性本能がくすぐられる”というこの「超ヒモ理論」、ふざけているようにも聞こえますが、案外的を射ているような気がします。実際、ネット上の反応を見ても「めちゃくちゃ分かる」「なるほどなるほど」と共感の声が。これ、オタクにも刺さる言葉だと思います(たぶん)。

 さて、そんな尾島師長のアドアイスを真に受けて、翔ちゃんのようにヒモ男化してゆり子の気を引く作戦に出た池目先生、自分を元気付けようとしてくれたと勘違いされましたが、ゆり子には笑顔が戻り、結果オーライでした。

 その後、ゆり子を後ろから抱きしめ、「僕と付き合わないか?」「僕じゃダメか?」と告白した池目先生は、いつも腹黒い顔芸だったり、残念な姿を見ているせいか、2割増しでかっこよく見えました。

 立ち位置的には悪役ですが、散々から回ってきたせいか、むしろ愛されキャラ化しつつある池目先生。ゆり子とくっついて欲しい気もしますが、果たして……。

 

■もはや更生どころの話じゃない……

 ゆり子に一途なところしか取り柄がないと言ってもいいくらいの翔ちゃん。これまで様々な人たちをたらしこみ、今回は「お金」という最大の敵にも打ち勝つことができました。

 その裏には、結局働かないダメダメな翔ちゃんを受け入れてきたゆり子の愛情があったわけですが、今回初めてそれが覆されました。

 ゆり子にしてみたら、翔ちゃんがお金で雇われていたとは知らないわけですし、自分より美香を選んだと思っているわけですから傷つくのも当然。むしろ、ゆり子だからこそ、ここまでなんやかんやありつつもうまく乗り越えてこれたんだと思います。常人だったらとっくに見放しているはずです。

 本当にゆり子の気持ちが離れてしまっていたら翔ちゃんにはもうどうすることもできないと思いますし、次回予告では、ゆり子が「ごめんね翔ちゃん」「私、結婚する」と言っていただけに、もう修復不可能な気もしますが……。

 いよいよ今夜、最終回。窪田くんのヒモ男姿を目に焼き付けつつ、バカップルの行く末を最後まで見届けたいと思います。

(文=どらまっ子TAROちゃん)

最終更新:2018/09/08 18:00
12
こんな記事も読まれています

『ヒモメン』窪田正孝がなぜ女性の心を掴むのか、最終回目前で、“ヒモ男”の手口が明らかに! のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

嵐・二宮結婚に、他メンバーも続く!?

活動休止を待たず、結婚を発表した二宮。気になる他メンバーの動向は?
写真
人気連載

ゆるふわ系殺し屋マンガ2選

『ゴルゴ13』『シティーハンター』『クライン...…
写真
インタビュー

剛力・前澤、明暗を分けたもの

 いま世間を騒がす剛力彩芽(25)とZOZOTOWN運営会社スタートトゥデイ社長・...
写真