日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 『絶対零度』数字的には大成功でも…

フジテレビ月9『絶対零度』10.8%有終の美! 数字的には“大成功”でも内容は……

フジテレビ系『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』番組公式サイトより

 沢村一樹を主演に近未来ハードボイルドサスペンスという「月9」らしからぬお話を持ってきた『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』も、10日の放送でいよいよ最終回を迎えました。

 スタート前は「爆死確実」「フジテレビは末期」「アホ」などという言葉がネット上に飛び交いましたが、終わってみれば最終回の視聴率は10.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と2ケタ獲得で有終の美。結局、全10話中9話で10%を超える数字を残したわけで、しかも、シリーズ3作目であるにもかかわらず、前2作の主演・上戸彩がほとんど稼働してくれないという絶望的な状況もあったわけですから、これは大成功の部類でしょう。数字的には。

 では、内容的にはどうだったのか。最終回を中心に振り返ってみます。

(前回までのレビューはこちらから)

■東堂さんがサイコな極悪人だった件

 国民のあらゆる個人データを網羅する巨大AI「未然犯罪捜査システム(通称“ミハン”)」が弾き出した“危険人物”を捜査し、犯罪を未然に防ぐことを目的としたミハンチーム。その中心人物である井沢警部補(沢村)は、妻と娘を惨殺されたという悲しい過去を背負いながら生きていました。

 ミハンは、これまで警視庁でも一部の人間だけが知っているシークレット案件でしたが、そろそろ法制化したいのが、その生みの親である警視庁キャリアの東堂さん(伊藤淳史)。何しろミハンを実現するために警察官になった人ですので、自ら首相官邸に乗り込んで議員連中を説得したりしています。どうやら、このまま法制化されて公に運用されていきそうな雰囲気です。

 ところが、そのミハンにはとんでもない過去がありました。これが最終回のメインになるお話。

 ミハンは、井沢たちが加わるより以前に「テストケース0号」という事件で冤罪を起こしていました。しかも、罪のない人を捕まえたのではなく、まったく罪のない人を射殺してしまっていたのです。当時のミハンメンバーが、ベトナムで死んだはずだったけど実は生きていた桜木泉(上戸)と、赤川(須田邦裕)、それに上司の東堂さんです。桜木と赤川は東堂さんの指示でベトナムに飛び、そこで赤川が、ミハンによって“危険人物”とされていた男性を、ろくに調べもせず“爆弾犯”と決めつけて射殺。すぐに間違いに気付いたものの、ミハンを実用化したい東堂さんは隠蔽することにしました。

 赤川は「人が死んでるし、隠蔽とかよくないよなぁ~」と思っていたので、かつての同僚で元監査官でもある井沢さんの奥さんに電話しました。すると、赤川も井沢の奥さんも、ついでに娘も殺されてしまいます。

 ミハンが誤った人物を特定し、そのミハンを作った東堂の指示で一般人が一人死んだ。しかも東堂が隠蔽を図ったことにより、その一般人は死後も“爆弾犯”として扱われることになった。自らの過ちを正そうとした赤川も死んだ。井沢の妻なんて電話で話を聞いただけで死んだし、娘はもう、なんの意味もなく、ただ死んだ。

 妻子の死の原因が東堂の隠蔽にあったことを知った井沢を目の前にして、東堂はこう言い放ちます。

「社会の構図が変革するとき、いつの時代であっても犠牲は生まれる」

 そして井沢の目の前に拳銃を置き、「あなたには、私を殺す権利がある」とか言い出すのです。

 冤罪と大量殺人がバレなきゃ、そのまま井沢も含めてミハンチームを法制化しようとしていたけど、バレたから「もう殺せ」とか。甘ったれんのもいいかげんにしてほしいところですが、井沢は優しいので許してあげました。

 その後、これまでたびたび見切れていた東堂の上司らしき人が、突然「黒幕だ」ということになり、東堂はその上司に電話をかけると、話をつけに歩いて出かけます。

 黒幕は黒幕なので、当然、東堂を殺そうと刺客を派遣。東堂が道端で刺される姿を見た井沢は激昂し、黒幕を成敗しに警察庁に単身乗り込むのでした。

 なんだそりゃって感じですが、実際そうだったのでしょうがない。


12
こんな記事も読まれています

フジテレビ月9『絶対零度』10.8%有終の美! 数字的には“大成功”でも内容は……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

錦戸亮の電撃退所でジャニタレ大量離脱危機!

かねてから退所がウワサされていた錦戸。中居、長瀬がこれに続く!?
写真
人気連載

本場フィンランドの新しいサウナ道

かつてないサウナブームの中、サウナ道こと“サ...…
写真
インタビュー

5lack×前野健太対談後編】

 5lackが、オリジナルアルバム『KESHIKI』をリリースした。これを記念し...
写真