日刊サイゾー トップ > スポーツ > サッカー  > 森保ジャパン快勝で株を上げた人物

森保ジャパン、初陣快勝の裏で”株を上げている人物”とは?

JFA公式サイトより

 東京五輪メダル獲得を至上 命題とするU-23日本代表と、2022年カタールW杯ベスト8を目指す日本代表を兼任することになった森保一監督。

 その初陣となったコスタリカ代表戦だが、なんと3-0での快勝。コスタリカ全国紙も「ロシアW杯のベルギー戦の迫力があった」とたたえ、同様に日本のメディアも好意的な報道をしている。

 とはいえ、監督就任時は「森保監督がJリーグで使用していた3-4-2-1 システムは5バックになることが多く、前からのプレッシングができず、世界のサッカーと逆行している」という批判が上がっていた。実際はどうだったのだろうか?

「前からしっかりとプレッシングできていました。就任前に指摘されていた不安は見えませんでしたね。ただ、攻撃に関しては、中島翔哉や堂安律の個がアクセントになっていた半面、チームが連動して崩すという場面は少なかった。ディフェンスラインからのビルドアップもつまずくことが多く、森保ジャパンの全容はこれからといったところでしょう」(サッカーライター)

 まだ初戦であり、柴崎岳などロシアW杯で活躍した中堅組も選出しておらず、今後の伸びしろに期待できる、上々の船出といったところだろう。

 そんな中、森保監督よりもサッカー関係者たちの間で話題になっている人物がいる。それは日本サッカー協会(JFA)の田嶋幸三会長だ。

 みな一様に「田嶋さんが会長になってから、明らかに日本サッカー界は結果を出し始めている」と、なんともいえない表情で口にする。

 確かに結果は出ている。ロシアW杯前にハリルホジッチ監督を解任し、選手のパーソナリティーも把握していた西野朗氏を 監督に就任させ、見事ベスト16という結果を残した。しかも、日本サッカー史上最高といえるパフォーマンスも見せた 。さらに、アジア大会ではU-21日本代表が準優勝に輝き、U-20なでしこジャパンもU-20W杯を制覇するなど、各カテゴリーで結果を残している。

 その一方で、ハリルホジッチ監督解任までのプロセスの拙さから見え隠れする行き当たりばったりの芯のなさ。会見では「オールジャパン」や「ジャパンズウェイ」ばかり連発する言語力には、疑問の声も上がっている。

「田嶋さんを心の底から支持しているサッカーライターは少ないと思いますが、反感を買っても結果を出すのが政治でもありますからね」(前出・サッカーライター)

 日本代表というトップカテゴリーが活躍することで、ロシアW杯前に下がりに下がった田嶋会長の株も上がっているようだ。

(文=TV Journal編集部)

最終更新:2018/09/14 09:53
こんな記事も読まれています

森保ジャパン、初陣快勝の裏で”株を上げている人物”とは?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

錦戸亮の電撃退所でジャニタレ大量離脱危機!

かねてから退所がウワサされていた錦戸。中居、長瀬がこれに続く!?
写真
人気連載

本場フィンランドの新しいサウナ道

かつてないサウナブームの中、サウナ道こと“サ...…
写真
インタビュー

『カニバ』佐川一政の実弟が激白

 事件は1981年6月11日に起きた。パリに留学中だった佐川一政は、好意を抱いて...
写真