日刊サイゾー トップ > 芸能  > 薄井しお里、脊山麻理子の二の舞いに?

薄井しお里“グラドル転身”で脊山麻理子の二の舞いに? 「婚活目的」疑う声も……

薄井しお里のTwitter(@usushio_28)より

 元東北放送アナウンサーの薄井しお里が、「週刊ポスト」(小学館)9月21・28日号で初グラビアを披露している。

 現在28歳の薄井は2013年に東北放送へ入社し、15年6月に退社後はフリーアナウンサーとして活動。地元・日立市のケーブルテレビJWAYでリポーターを務めていたが、この8月から芸能事務所リップに所属し、グラドルへ転身。同事務所には犬童美乃梨や橋本梨菜、仲村美海など、多くのグラドルが所属している。局アナ時代は隠していた巨乳を今回のグラビアで初公開したというが、元女子アナのグラドル転身は果たして吉と出るか?

「最近はテレビ局も経費削減で自前の局アナを起用する傾向なので、本業で食えなくなったフリーアナウンサーが、バラエティやグラビアに進出するケースが増えています。元日本テレビの脊山麻理子なんて、女子アナ出身グラドルの代表格でしょう。元女子アナのグラビアは、難関の局アナ試験をパスした才色兼備のエリート女子のビキニやランジェリー姿が拝めるところに妙味があります。しかし、薄井は局アナとして1年少々の勤務実績しかなく、元女子アナのブランド力はありません。これでは、フリーアナ時代には仕事がなかったでしょうね。しかし、これほどまでに短い勤務期間は、よほどアナウンサーに向いていなかったのか、社内で何か問題でも起こしたのでしょうか」(芸能ライター)

 元女子アナというだけでは“箔”が足りないと感じたのか、薄井にはミスユニバース茨城大会の出場経験がある。同大会で17年に準グランプリ、翌18年には見事グランプリを獲得している。ビジュアルには自信アリ、ということなのだろう。

「グラドルの仕事はタコが自分の足を食べるようなもので、明確に将来の展望を描けていないと、年を取ったら何も残らない“脱ぎ損”になりがち。前述の脊山も最初は水着でしたが、加齢とともに露出が過激になり、今ではヒップまで解禁していて、もはや行き着くところは熟女AVしかないと言われているほどですからねえ。やはり女優でもタレントでも、グラビアの次の展開を考えておかないと厳しいですよ。個人的には、薄井の最終目標は“玉の輿”なんだと思います。グラドルになれば、ケーブルテレビのリポーター時代には知り合えなかったような芸人やスポーツ選手らと番組共演や合コンなどで知遇を得ることができます。まだ28歳ですし、有名人との結婚のチャンスは十分あると思いますよ。本人的には30歳までには決めたい、と考えているのでは」(同)

 売りの巨乳はグラビアではなく、婚活のためだったりして!?

最終更新:2018/09/18 06:00
こんな記事も読まれています

薄井しお里“グラドル転身”で脊山麻理子の二の舞いに? 「婚活目的」疑う声も……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

小泉進次郎、デキ婚で失意の声も

今週の注目記事・第1位「進次郎裏切り<全真相>...…
写真
インタビュー

ニューヨークが「なんでもやる」宣言

 この数年、「偏見」ネタで人気を博している若手芸人・ニューヨーク。一昨年の『M-1グラ...
写真