日刊サイゾー トップ > 社会  > 「ふるさと納税」廃止も?

さすがにやり過ぎで制度廃止の可能性も……「ふるさと納税」次は、珍サービスで勝負か?

「総務省|ふるさと納税ポータルサイト」より

 これまでの、たび重なる総務省からの苦言もなんのその。納めた額の半返し、ほとんど金券・換金用商品での返礼など、一部の自治体が暴走を続けていた「ふるさと納税」が、ついに消滅の危機を迎えている。

 自治体に寄付すると、その金額の一部が所得税や住民税から控除される「ふるさと納税」。多くの地域では、各地の特産品をお礼の品として、寄付を集めてきた。

 ところが、これに目をつけた一部の自治体は暴走。総務省では、お礼の金額は寄付額の半額以下になるように求めてきたが、実際に守っていた自治体は5割あまり。あるいは、まったく地域と関係なかったり、換金性の高そうなものを並べる自治体もあり、問題となってきたのである。

 これまで、ハードディスクや電化製品、はたまた、航空会社の搭乗券に換金できるポイント、さらには、DMMポイントまで投入した自治体もあった。

 こうした自治体の暴走に対して、総務省が制度の見直しまで始める事態になっているのである。

 もはや、総務省が本気で怒っているため、高額な商品を続けることは不可能。これまで、ふるさと納税で収益を上げてきた自治体はどうするのか。ある、東北地方の自治体の担当者は語る。

「すでに高額な返礼品はやめていますが、途端に、ふるさと納税の収入は減りました。そこで、職員からもアイデアを募っているのですが、そば打ちが得意な職員が訪問してそばを打つとか。あるいは、雪かきをしますとか……お金はかからないけど、役立つお礼を考えています」

 金額が高くて問題になったのであれば、お金がかからず、みんなが喜ぶ方法を考えるのが常道。そこで、「一日だけ市長になれる」とか「自宅を訪問して掃除」はたまた、地域の道路を、好きな名前に変えて「○○通り」にできるとか、全国の自治体ではさまざまなアイデアを募っているという。

 問題も多いふるさと納税だけど、やはりお礼がもらえるのはうれしい。高額な品が規制された中で、もっともオトクなのは、大量にもらえる農産物系だと思う。
(文=大居候)

最終更新:2018/09/16 18:00
関連キーワード

さすがにやり過ぎで制度廃止の可能性も……「ふるさと納税」次は、珍サービスで勝負か?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

『あさイチ』華丸・大吉の降板説浮上も

 お笑いコンビ、博多華丸・大吉とNHKの...…
写真
インタビュー

沖縄の少年少女…性風俗でも

「琉球新報」にて2018年1月から8月まで続いた連載をまとめた、琉球新報取材班『夜を...
写真