日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 長州力の新語録に棚橋が…

プロレス界きっての“名言メーカー”長州力の新語録「お前に何がわかる?」に、棚橋もタジタジ!?

■字幕を使わないで長州のトークを聞いてほしい

 今の長州のみを知るファンからすると意外かもしれないが、かつての長州は“怖いプロレスラー”の最右翼だった。それでいて、不意に優しさがこぼれるのが憎い。この日の長州からも優しさがこぼれ落ちた。

長州「冬、夜に試合が終わって、会社の巡業バスで撥ね立ち (興行が終わるとすぐに、 次の興行地へ出発すること)する時、子どもたちが息吐きながら追っかけてくるのを見ると『また、来てやりたいなあ』と思うよなあ」

天龍「えーっ、本当?」

長州「うん、そういうのあるねえ」

天龍「俺が知ってる長州選手っていうのは『(ファンに対して)うるさい!』『やかましい!』って。俺は長州力といったらそのイメージだよ(笑)」

長州「(笑)」

 これは、「円くなった」というより「肩の力が抜けた」と受け取るのが正解な気がする。例えば、新日本プロレスの後輩・佐山聡(初代タイガーマスク)は、長州について以下のように証言している。

「長州さんのあの怖い感じはわざとですからね。長州さんほどおもしろい人間はいないですから。それがいざ試合の出番になったら急に真面目になって切り替える。あの切り替え方は凄いです」(東邦出版「KAMINOGE」vol.79より)

 長州には引退の日が刻々と迫っている。自身がプロデュースした興行「POWER HALL2018」(7月10日)で全日本プロレスの秋山準にピンフォール負けを喫した長州は、試合後に「リングに上がるのが怖い。靴はもう脱ごうと思っている」とコメント。来年中の引退を宣言したのだ。

 実は、若き日の長州にも引退がよぎったことがある。長州は73年に本名の吉田光雄で新日本プロレスに入団。77年に新日は吉田の新リングネームを公募し、約3万通の応募の中から選ばれたのが「長州力」だった。

 当時を振り返り、「名前が嫌で、本当に辞めようかと思った」とこぼすのは長州のおなじみの姿。今回も、長州は顔をしかめながら当時の心境を吐露している。

長州「もう辞め時かなと思った、名前付いた時には(苦笑)。『そのまんまでなぜやれないのかな?』と思った」

天龍「よそ(全日本プロレス)から見てても、“長州力”って古めかしい名前だなあと思ったよ(笑)」

長州「相撲の名前だよね(苦笑)」

棚橋「えーっ、そうなんですか!? 僕がファンだった時は“長州力”ってむちゃくちゃカッコいいリングネームだと思いましたよ」

長州「お前に何がわかるんだよ。本当に苦しんだ俺の何がわかるんだよ、お前に」

棚橋「だって、“長州力”っていう名前からリキラリアットが生まれて……」

長州「(遮って)タナ、お前に何がわかるんだよ!(笑)」

 実はこれ、最近頻出する長州のひそかな口癖である。引退間際に登場した、新たな長州語録「お前に何がわかる?」。怖くて優しい今の姿を的確に示した、彼らしい新語録ではないか。

 長州の話は難しい。言い回しが独特すぎる。理解するには脳内補足をする必要がある。でも、なぜか次第に理解できるようになってくる。本当だ。勝手に頭の中に字幕が浮かぶようになるのだ。不思議だ。

 物好きな人は、長州のトークに字幕なしで接してみてほしい。チャレンジしてみてほしい。そうすれば、きっと、彼のトークがより味わい深くなる。プロレス界きっての“名言メーカー”長州の醍醐味は、自力で察してこそ初めてちゃんと堪能できる。いや、あくまで物好きな人向けの提案だけれども……。

(文=寺西ジャジューカ)

 

 

 

最終更新:2018/09/18 14:39
123
こんな記事も読まれています

プロレス界きっての“名言メーカー”長州力の新語録「お前に何がわかる?」に、棚橋もタジタジ!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

嵐・二宮結婚に、他メンバーも続く!?

活動休止を待たず、結婚を発表した二宮。気になる他メンバーの動向は?
写真
人気連載

ゆるふわ系殺し屋マンガ2選

『ゴルゴ13』『シティーハンター』『クライン...…
写真
インタビュー

足立正生が語る、若松孝二(前編)

 秋雨の降る明治通りの交差点に、パレスチナ解放闘争の戦士は立っていた。白髪だが、肩幅...
写真