日刊サイゾー トップ > 芸能  > 安室特番で、最もピンチは吉岡里帆か

『義母と娘のブルース』が潰される!? 安室奈美恵特番で、最も割を食うのは“ワースト”吉岡里帆か

日テレ宣伝部公式Twitter(@nittele_da_bear)より

 9月18日の夜は、多くの人が足早に帰宅の途につくことになりそうだ。

 この日は22時から10月期No.1ヒットドラマとなった綾瀬はるか主演のドラマ『義母と娘のブルース』(TBS系)最終回が放送される。前週は平均視聴率が17.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録しており、20%超えの期待もかかる。

 しかし、それに待ったをかけるべく、日本テレビが放つのが特番『これで見納め!安室奈美恵引退スペシャル!!~最後の1年と最後の1日に独占密着~』だ。

 16日に引退を迎えた歌手・安室奈美恵の1日に密着した様子が、21時から2時間にわたって放送される。

「『ぎぼむす』は来年4月に特番か映画化、10月の続編がウワサされており、視聴率20%超えで、さらに“箔”をつけたいところ。一方の日テレは、1年間の独占密着映像や7月から開催されている、体感型の展覧会『namie amuro Final Space』など、とにかく安室の引退を盛り上げるのに貢献してきた。18日の放送でのナマ歌を打診するも断られ、16日以前に収録されたものを流すことになったようですが、それでも安室の歌が聴けるのはこの日が最後。『ぎぼむす』潰しのためにあえて、キラーコンテンツをぶつけてきたのは明らかで、なんとしても20%超えを阻止したい構えです」(テレビ関係者)

 綾瀬VS安室に世間の熱い視線が注がれているが、もっとも割を食うのはあの人か……。

「18日の21時からは吉岡里帆主演のドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』(フジテレビ系)の最終回も放送されます。こちらはスタートから爆死続きで、5・6話では4%台にまで落ち込み、吉岡の“主演女優”生命が危ぶまれています。前週は6.5%にまで持ち直していましたが、安室特番に視聴者を奪われ、自己ワーストフィニッシュの可能性もありそうです」(テレビ誌ライター)

 さてアナタは、どの局にチャンネルを合わせる?

最終更新:2018/09/18 17:00
こんな記事も読まれています

『義母と娘のブルース』が潰される!? 安室奈美恵特番で、最も割を食うのは“ワースト”吉岡里帆かのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

宮迫&亮問題、吉本興行のブラック体質は変わるのか?

宮迫&亮の涙の会見で、吉本芸人の反乱が始まる!?
写真
人気連載

吉本興業に干された大物芸人

 “闇営業騒動“に端を発し、”パワハラ”、”...…
写真
インタビュー

元アイルネ・原田珠々華が語る未来

 2018年2月24日、8人組アイドルグループ「アイドルネッサンス」が解散した。クオ...…
写真