日刊サイゾー トップ > 芸能  > ウエンツ瑛士、英語力向上で新境地?

ウエンツ瑛士、ロンドン長期留学で「英語がしゃべれるようになっちゃう」のは大丈夫!?

エヴァーグリーン・エンタテイメント公式サイトより

「彼はハーフタレントでありながら、英語がまったくしゃべれないというギャップが面白かったんですけどね(笑)。帰国後は当然ペラペラになっているでしょうから、また違った一面が見られそうですね」(テレビ局関係者)

 10月から英ロンドンに1年半という長期間演劇留学するため、9月末で芸能活動を一時休止することを発表したウエンツ瑛士。

「各方面から賛否両論がありますが、本人としては今後、舞台役者として生き残っていくために、どうしても本場で経験を積みたかったそうで。事務所としても、長い間貢献してくれているタレントですから、快く送り出したそうですよ」(芸能事務所関係者)

 ウエンツの気になる英会話能力はというと、「本人もネタにしてるように、父親はドイツ系アメリカ人で母親は日本人なんですけど、『自分はまったく英語が話せない』と。ただ、父親は自宅で英会話教室を開いていたこともあって、住所に“前”という漢字がついていたので、駅前留学をもじって“●前留学しませんか?”とシャレたチラシを作って配っていたそうですから、当然、お父さんから英語は学んでいると思います。自宅の表札も英語ですしね(笑)。あと、意外と知られていないのが、ウエンツさんは学年でもトップ10に入っていた秀才です。少し勉強すれば、すぐにしゃべれるようになるでしょうね」(週刊誌記者)

 歌って踊れて、英語のしゃべれるハーフタレントの新境地開拓なるか!?

最終更新:2018/09/20 06:00
こんな記事も読まれています
関連キーワード

ウエンツ瑛士、ロンドン長期留学で「英語がしゃべれるようになっちゃう」のは大丈夫!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

宮迫&亮問題、吉本興行のブラック体質は変わるのか?

宮迫&亮の涙の会見で、吉本芸人の反乱が始まる!?
写真
人気連載

吉本興業に干された大物芸人

 “闇営業騒動“に端を発し、”パワハラ”、”...…
写真
インタビュー

『君の名は。』Pが語るアニメ界の課題

 国内だけで興収250億円、世界興収で3億5,800万ドルを稼ぎ出し、日本映画最大の...…
写真