日刊サイゾー トップ > 芸能  > 二宮&吉高の「濡れ場」に“体位の謎”

『検察側の罪人』二宮和也&吉高由里子の「濡れ場」に残った“体位の謎”って!?

 木村拓哉と二宮和也が初共演を果たした映画『検察側の罪人』が、興行収入20億円を突破。男女問わず多くの観客が劇場に足を運んでいるようだ。

 映画のレビューサイトでは、役者の演技には“合格点”の声が多いものの、脚本や演出については原作と違う部分も多々あり、賛否の激論が交わされている。

 中でも「唐突」との指摘を受けているのが、検事役の二宮と、その事務官役である吉高由里子とのラブシーンだ。

「劇中では木村との衝突から二宮と吉高が辞職。その後、吉高が二宮の自室を訪れると、彼女のほうから強引にキスして二宮を驚かせる。そしてシーンが変わると、2人が裸でシーツを羽織った状態で寝転がる姿が映し出されます。原作ではそれなりに濃厚なベッドシーンが描かれているのですが、二宮ファンから『絶対にキスやベッドシーンはさせないでください』との要望が殺到していたり、二宮と元フリーアナの伊藤綾子との結婚話が持ち上がっていたこともあってか、ファンを刺激しないような配慮がされたのかもしれません。しかし、映画『蛇にピアス』(2008)で濃厚な全裸濡れ場を披露している吉高には物足りなかったようで、『あんなの濡れ場じゃない!』と憤っていたといいます」(映画ライター)

 しかし、ベッドシーンと呼べるものはまったくなかったにもかかわらず、ネット上がざわついているのには理由があるという。

「シーツを羽織ってトークする2人ですが、横並びではなく頭の向きは真逆。仰向きになり開脚した状態でお互いが相手に足を向けているのです。想像するに、この体勢でフィニッシュするとしたら、吉高が騎乗位か座位で果ててそのまま後ろにのけぞったか、でなければ“松葉崩し”をしていたかしか考えられない。観客からは『どうやったらあんな体勢に? と考えさせられた』『生々しかった』『気持ち悪い』といった感想が聞かれます」(同)

 恋愛感情めいた描写はまったくないまま突拍子もなく始まった二宮と吉高の濡れ場。なくてもいい場面だけにサービスカットのつもりだったのかもしれないが、「笑いが止まらなかった」というコメントが言い得て妙か。

最終更新:2018/09/20 20:00

『検察側の罪人』二宮和也&吉高由里子の「濡れ場」に残った“体位の謎”って!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

黒木瞳、大物実業家のバックアップも実らず

 2016年公開の映画『嫌な女』以来、女優・...…
写真
インタビュー

三島由紀夫、柳美里…実在の人物を描いた小説の事件簿

 田山花袋が小説『蒲団』で女性の弟子への恋情を描いたこと、三島由紀夫が都知事選に...
写真