日刊サイゾー トップ > 芸能  > みるきー2年ルール満了でついに復活

25歳の出戻りアイドル・渡辺美優紀が復帰ライブ開催! “2年ルール”満了でNMB時代の曲も披露

渡辺美優紀 公式Twitter(@miyukiofficial9)より

 9月19日、元NMB48の“みるきー”こと渡辺美優紀が復帰ライブを開催。会場に集まったファン2,700人を熱狂させ、ネット上で「2年間干されたとはいえ、これだけのファンが集まるのは凄い」と話題になっている。

 渡辺がライブを行ったのは、2016年8月に「NMB48劇場」で開催された卒業公演以来およそ2年ぶり。ライブでは、NMB時代の代表曲「わるきー」や「ジッパー」のほか新曲など12曲を披露した。さらに同日は渡辺の誕生日ということで、ファンからバースデーソングが贈られるなど終始盛り上がりをみせたようだ。

 今回の復帰ライブがネットニュースで拡散されると、「1人で2,700人も集めることができるんだから、まだ需要があるということでしょう。色々あったけど頑張ってください!」「2年間腐らずに我慢したご褒美かな。みるきーらしい活躍を願ってます」「2年縛り解禁おめでとう。逆風に負けず頑張ってほしい」といった声が上がっている。

「NMBを運営する吉本興業には、事務所を退所後“2年間は芸能活動ができない”というルールが存在するといわれています。この“2年ルール”は他社からの引き抜きを防止する措置のようですが、一部からは“奴隷契約”と揶揄されることも。渡辺は2016年のNMB卒業後から活動を休止していましたが、今年7月に活動再開と芸能事務所『roundcell』への所属を発表。“2年ルール”が満期を迎え、本格的に活動を再開させたのでしょう」(芸能ライター)

 復帰ライブで渡辺は、下着のようなセクシー衣装を披露してファンは大興奮。“釣り師”と呼ばれる腕前は健在のようだが、活動していなかった2年間は何をしていたのだろうか。

「渡辺は今年7月に掲載された『日刊スポーツ』のインタビューで、休止中の2年間は読書や映画・舞台鑑賞などでエンタメ業界を勉強していたと明かしています。また今年3月には、カナダへ約1カ月の語学留学していたことも告白。今後の展望については今月15日に公開された『ORICON NEWS』で、『まずはライブを続けていきたい』とコメントしていました。今年のクリスマスにもライブを開催することが決まっているので、当面はアイドルとして活動していくと思われます。新事務所も吉本系列ということで、NMB時代の楽曲を“封印”されることなく披露できていますし、離れていたファンが戻ってくる可能性もあるかもしれません」(同)

 25歳の誕生日に“新生みるきー”として生まれ変わった渡辺。今後はどのように活躍していくのか注目したい。

最終更新:2018/09/20 16:30
こんな記事も読まれています

25歳の出戻りアイドル・渡辺美優紀が復帰ライブ開催! “2年ルール”満了でNMB時代の曲も披露のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

5年間お蔵入りになった過激作

 走り続けていると次第に息が苦しくなるが、し...…
写真
インタビュー

「F××kって表現はクール」という罠

 洋画や洋楽でおなじみな「F××k」に代表されるスラング。くだけた表現では「F××k...
写真